「今の自分ではこれがマックス」ハワイで感じた手応えと壁 【今平周吾のマスターズ】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

「今の自分ではこれがマックス」ハワイで感じた手応えと壁 【今平周吾のマスターズ】

2019年04月08日18時47分

■ソニーオープン・イン・ハワイを33位タイ、メキシコ選手権を39位タイで終えて、米ツアーでの手応えは?
「ソニーオープンは、前半2日間はいいゴルフができていたけど、後半2日間はうまくできなかった。ただ、もうちょっと頑張れば通用するんじゃないかという手応えはありました。

飛距離で劣るのは仕方がないと思っています。一緒に回る選手とでも、20〜30ヤードは置いて行かれていた。今から飛距離を出すのも、僕の体では限界があるし、今の自分ではこれがマックスだと思う。ショートゲームでどれだけ勝負できるかに徹した方がいいなと思った。

あとは、ショットの安定感と球の高さ。日本でやっている分にはそこまで高さは気にならなかったけど、米国に行ったらピンポジがエッジからすぐのホールも結構あったので、そういったところは球の高さがないと厳しい。球の高さが出せれば、この身長でも戦えると思います」

今平周吾
1992年10月2日生まれ、埼玉県出身。2011年にプロ転向し、14年にはチャレンジ賞金王に輝いた。15年はレギュラーツアー本格参戦1年目にしてシード権を獲得。16年は未勝利ながらも8度のトップ10入りで賞金ランク10位に入り、翌年の「関西オープン」で初優勝を挙げた。18年は「ブリヂストンオープン」の1勝のみだったが、安定した成績を残してレギュラーツアー賞金王に輝いた。

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!