「曖昧なもので終わらせたくない」アジア最強アマがかける思い【金谷拓実のマスターズ】 | ALBA.Netのゴルフニュース

「曖昧なもので終わらせたくない」アジア最強アマがかける思い【金谷拓実のマスターズ】

2019年04月08日18時47分

金谷拓実、満を持してマスターズに出場!

 

金谷拓実、満を持してマスターズに出場!(撮影:GettyImages)

マスターズ特集記事>
■金谷拓実インタビュー(2)目指すは米国、思い描くプロとしての自分「這い上がれる選手に」
■金谷拓実マスターズ特集 アジア最強アマが日々行っていることは?金谷の素顔に迫る
■順調に見えるキャリアは“挫折の積み重ね”だった

4月11日(木)に海外メジャー「マスターズ」が開幕。日本勢では松山英樹、小平智、今平周吾、金谷拓実(東北福祉大3年)の4人が出場する。2018年10月の「アジア・パシフィックアマチュア選手権」で7年ぶりの日本人優勝を決めた金谷。この優勝で今年のマスターズ、「全英オープン」への出場権を勝ち取った。アジア最強アマは、マスターズ開幕を前に何を思うのか。プロ転向を見据え、自身の将来像について語る。

日本の男女トップアマがオーガスタで記念撮影!【写真】

■去年10月のアジアアマでの優勝でつかんだマスターズ出場。意識はしていた?
「アジアアマは去年で2回目だったんですが、マスターズ出場は目標として持っていました。去年の1年間は、海外メジャーに出ることを目標にやってきたので、そういうチャンスのある試合で優勝したかった。アジアアマで優勝して、その後ソニーオープンにも出ることができたので、ひとつ目標を達成して、また上のレベルが見えたという感覚です」

マスターズに出たいと思い始めたのは、いつ頃から?
「たぶん、中学生くらいから意識をし始めたんだと思います。プロを目指そうと思ったのもその辺りだったので。あまり意識はしていませんでしたが、なんとなく26歳くらいまでにはと思っていました」

■実際にマスターズ出場が決まってみての実感は?
「(ゴルフ部の)同期や周りの方々は、“オーガスタに行くのはすごい”と言ってくれるんですが、僕自身は、決まってすぐはあまりそうは思えなくて。未だに実感というか、周りの皆さんが感じているのと同じくらいの喜びはないのかもしれません。いざ決まってみると、フィールドがいつもよりものすごい人たちばかりの、ふだんよりも大きい試合にでる、という感じ。よく“夢舞台”と言われますが、確かにすごい大会ではあるけど、僕にとっては試合のひとつという感覚が強いです」

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!