“賞金王 藤田寛之”の原点 無我夢中でたどり着いたトップフィールド【藤田寛之のマスターズ】 | ALBA.Netのゴルフニュース

“賞金王 藤田寛之”の原点 無我夢中でたどり着いたトップフィールド【藤田寛之のマスターズ】

2019年04月08日18時16分

2011年にマスターズに出場した際の藤田

 

2011年にマスターズに出場した際の藤田(撮影:GettyImages)

マスターズ特集記事>
■藤田寛之インタビュー(2)最注目は今平周吾 日本のトップ選手も苦戦するオーガスタの難しさとは?

4月11日(木)に海外メジャー「マスターズ」が開幕。日本勢では松山英樹、小平智、今平周吾、金谷拓実(東北福祉大3年)の4人が出場する。今大会に2011、13年と2度出場を果たした藤田寛之マスターズについて解説。トッププロが集うゴルフの祭典は、自身のキャリアにどのような影響を与えたのか。国内ツアーのベテランが当時の様子を振り返る。

まるで漫才?とっても話し上手なヤマハ3人組【写真】

マスターズに2度出場されていますが、マスターズへの出場で心境の変化などはありましたか?
「どうでしょう、あまり変わっていないかな(笑)。ただ、招待状が家に2つあって、マスターズでプレーしたという事実は、プロゴルファー藤田寛之の歴史としてはやっぱり勲章になると思います。本当はそこに行って、もっと結果を出して爪痕を残したいと思っていましたが、当時はそこまでいけませんでした。

ただ今思うと、マスターズに行くまでの積み重ねの中に、日本での成功があったのだと感じます。海外の高いレベルの中に身を置いたことで、自分のゴルフ自体や考え方もレベルの高いところに行ったと思う。海外の選手は全然パターを外さない、どんなところからも寄せてくる、ボギーを打ちそうなところでも、絶対にパーセーブしてくる…。そういうことを肌で感じて、こうじゃないと世界では通用しないんだと思った。

その経験がないと、自分があそこまで日本で成績を残すのも中々厳しかったと思います。海外で結果を残したいと思って7、8年やってきて、それが結果的に日本での賞金王や、トップ3に入るゴルフまでいくきっかけになった。精神的にも技術的にも海外を見据えて練習をするようになって、知らないうちに国内選手との差が出てきたというのは、あったのかもしれません。また海外にいきたいと思って、とにかく国内で結果を残していったら、マスターズまでたどり着いたという感じもありますね」

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!