マスターズは今でもワクワクする“夢の国”【レジェンド中嶋常幸のマスターズ】 | ALBA.Netのゴルフニュース

マスターズは今でもワクワクする“夢の国”【レジェンド中嶋常幸のマスターズ】

2019年04月03日17時35分

中嶋にとって、マスターズは今でも“夢の国”!

 

中嶋にとって、マスターズは今でも“夢の国”!(撮影:ALBA)

今年もいよいよ「マスターズ」が近づいてきた。春の訪れを告げる華々しい戦いとして長くゴルフファンの心に刻まれてきたマスターズとはどんな大会なのか。同大会を放送するTBSの解説も務め、自身もマスターズで過去8位の成績を誇る中嶋常幸にその魅力を聞いてみた。

ANAオープンの会場から、女子プロたちがマスターズ優勝予想!【写真】

――中嶋さんもマスターズの季節が来ると心躍りますか?
そうだね。だいぶ昔のことですが、自分も行っていたころ、この4月になるとマスターズというのはもう、胸が躍る、心がワクワクする、そういう時期ですよね。

――マスターズというのはどんな大会なのでしょう?
的確に表す言葉というのはないですが、メジャーで毎年開催されて、一番最初にあるメジャー、何よりもオーガスタの伝統、その生い立ちから含めて、みんなが大事に育ててきた伝統、それを感じられる。マスターズは特別なんですよ。出ている選手にとっても、マスターズに出られたんだという。オーガスタの人たちも選手に対する最大限の敬意を払ってくれるし、練習するところからコース、その他全部、町全体から受ける1週間が夢のような1週間ですよね。

――あのマグノリアレーンを通る時は特別な気持ちなのでしょうか?
最初の2、3回は、あそこを通る時は必ず写真を撮っていましたね。祈念写真を撮りたいんですよね。クラブハウスの前のロータリーのところでマスターズのピンフラッグとマスターズのマークをかたどられたところで写真を撮りたいんですよね。とにかくそこで写真を撮ると「来たんだ」という気持ちになりますし、そのクラブハウスを抜けたところに、「ワー」っと広がるオーガスタのゴルフ場を見たときに、また写真撮って、というのが初出場から3回くらいはありましたね。

ゲームをどうしよう、試合をどうしようという前に、まず「写真撮ってくれる?」という感じになるような、試合が大事なのにというのはわかっているけど、そういう夢の国に来たような感じにさせてくれるんです。

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!