今季初出場の臼井麗香、スイング改造の成果&所属先のサポートで活躍誓う | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI

  • 期間:2019年03月29日-03月31日、
  • 場所:UMKカントリークラブ(宮崎県)

今季初出場の臼井麗香、スイング改造の成果&所属先のサポートで活躍誓う

2019年03月29日21時11分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 脇元華 -7
2 河本結 -6
3 ユン・チェヨン -5
  S.ランクン -5
5 吉本ひかる -4
  臼井麗香 -4
  テレサ・ルー -4
8 上田桃子 -3
  穴井詩 -3
  大城さつき -3

順位の続きを見る

黄金世代の臼井麗香が好発進

黄金世代の臼井麗香が好発進(撮影:佐々木啓)

アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 初日◇29日◇UMKカントリークラブ(宮崎県)◇6525ヤード・パー72>

国内女子ツアー第4戦「アクサレディス in MIYAZAKI」が開幕。今季ツアー初出場の臼井麗香が4アンダー・5位タイと好発進を見せた。

1998年生まれの“黄金世代”で、2度目の受験となった2018年プロテストに合格。今季のQTランクは65位で、主戦場はステップ・アップ・ツアーとなるが、推薦での出場となった“開幕戦”で、プロ入り後レギュラーツアーでの自身のベストスコアとなる「68」をマークした。

「オフにスイングを変えたことでパーオン率が上がり、ほとんどバーディチャンスにつけることができた。それを入れるか、入れられないか…というゴルフでした」とラウンドを振り返った臼井。

「毎年冬にスイングを調整しますが、今オフは、試合に間に合うかどうか心配になるくらい、すごく大胆に変えたんです。フラットなスイングから、(ダウンスイングで)クラブを立てて、入射角を鋭角的にハンドファーストで打っていくようにしました。球は変わりましたね。グリーンが柔らかいのもありますけど、ボールの止まり方が全然違った。(今季初戦は)楽しみではありましたが、12月から取り組んできたことをやりきれるか不安もありました。でも初戦までに調整する時間があったのも良かったと思います」

と自身の進化を実感するラウンドだったという。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢6人が出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!