メルセデス・ベンツ日本がJGTOのオフィシャルパートナーに! メルセデスポイントランキング制定 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

メルセデス・ベンツ日本がJGTOのオフィシャルパートナーに! メルセデスポイントランキング制定

2019年03月15日13時50分

左から選手会副会長の今平周吾、上野金太郎氏、青木功JGTO会長、佐藤信人JGTO理事

 

左から選手会副会長の今平周吾、上野金太郎氏、青木功JGTO会長、佐藤信人JGTO理事(撮影:鈴木健夫)

15日(金)、港区にあるメルセデスミー東京にて記者会見が行われ、メルセデス・ベンツ日本が日本ゴルフツアー機構(JGTO)とのオフィシャルパートナー契約を締結したことを発表した。

女子プロによる高知決戦! 初日の模様はLIVEフォトでチェック

同社は2012年より日本女子プロゴルフ協会のオフィシャルパートナーとして取り組んできたが、今年からはJGTOもサポートすることに。社長である上野金太郎氏は「これから男子ツアーをともに盛り上げられる契約ができたことをうれしく思います」とコメント。登壇したJGTOの青木功会長は「ゴルフをはじめ、多くのスポンサーをしているメルセデスさんと契約できたのは日本男子一同とても誇らしいことです。選手のモチベーションも上がりますし、男子ゴルフ界に活気を与えるものと信じています」と話した。

今回の取り組みとして「メルセデス・ベンツ トータルポイントランキング」が制定された。これは賞金ランキングとは別に9部門(パーキープ率、パーオン率、バーディ率、イーグル率、ドライビングディスタンス、フェアウェイキープ率、サンドセーブ率、平均パット率、平均ストローク)のデータのランキングをそのままポイント化して選手の総合力を測るもの。1位となった選手には、メルセデス・ベンツSクラスの車両と賞金が贈呈される。

例えば2018年の池田勇太であればパーキープ率17位、パーオン率6位、バーディ率2位、イーグル率6位、ドライビングディスタンス5位、フェアウェイキープ率23位、サンドセーブ率36位、平均パット率19位、平均ストローク9位の全ての数字を合算した123ポイントとなり、この数字が少ない選手が上位となる。

昨年の賞金王は今平周吾だが、「メルセデス・ベンツ トータルポイントランキング」では7位。1位は123ポイントの池田となる。過去10年で試算すると、賞金ランキングとトータルポイントランキングで同年度に両方1位となったのは3人だけ(09年石川遼、12年藤田寛之、13年松山英樹)。賞金ランキングとは違った目線でファンに楽しんでもらいつつ、選手へのモチベーションにつなげるのが制定の狙いだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米プロゴルフ選手権」速報
メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の速報はこちら!
「ほけんの窓口レディース」ライブフォト
今週の舞台は福岡! 「ほけんの窓口レディース」のライブフォトをお届け!
ステップアップツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」ライブフォト
「静ヒルズレディース森ビルカップ」が開幕!ライブフォトをチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!