今年はタップインで優勝を味わいたい そして感謝の気持ちを声に【有村智恵委員長インタビュー】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

今年はタップインで優勝を味わいたい そして感謝の気持ちを声に【有村智恵委員長インタビュー】

2019年03月10日12時30分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 比嘉真美子 -5
2 エイミー・コガ -2
  穴井詩 -2
  新垣比菜 -2
5 申ジエ -1
  松田鈴英 -1
  福田真未 -1
8 原江里菜 +1
  テレサ・ルー +1
  宮里美香 +1

順位の続きを見る

今季の目標は最終組での優勝と語る有村智恵

今季の目標は最終組での優勝と語る有村智恵(撮影:村上航)

昨シーズン、「サマンサタバサレディース」で6年ぶりとなる優勝を挙げた有村智恵。米ツアー撤退後の苦しい時期を乗り越えて復活、有村智恵物語の第二章の幕開けとも言うべきシーズンとなった。一方で19年はプレーヤーズ委員(協会内の選手会とも言うべき組織)の委員長として、いち選手としてだけでなく、選手の代表としての手腕も問われることとなる。そんな注目の31歳に思いを語ってもらった。今回は今季の目標やテーマについて語ってもらった。

女子プロ開幕戦のクラブセッティング【写真集】

−オフはどちらで練習されていましたか?
まずはハワイに。その後、コーチがいるシカゴに一週間だけ行きました。そこからはずっとロサンゼルスで合宿をしていました。

−オフに取り組んだことは?
最終日とかで優勝争いに絡んだ時に、とにかくパッティングがショートすることが多くて、バーディチャンスであまり打てなかった。そういうパッティングだとなかなか流れも来ない。ミスの仕方がやっぱり良くなかったなという反省点が多かった。そこを一番の課題としてオフに入りましたので、多めに取り組みました。

−パッティング以外では何か重点的にやったことありますか?
飛距離も私の大きな課題なので、アップするために色々なトレーニングを取り入れました。今まではオフに入って前半でランニングメニューをもってきて、後半はラウンドを中心にちょっとしたエクササイズだけに抑えていましたが、去年塩谷育代さんとお話させていただいた時に、最初に固めるトレーニングをして、開幕が近付くにつれて瞬発型のトレーニングとかランニングメニューをもっていったほうが、動きにすごくいい影響が出やすいとおっしゃっていたので、今年はランニングメニューを後半にもってきて、固める動作をしないように後半はやっていました。

−開幕を直前にして体の動きに違いは感じますか?
違いますね〜!やっぱり、アグレッシブさが増した感じはします。前はやっぱり“どっしり感”をもって開幕したんですけど、今は逆にこう…、速さというか俊敏さがあります。動きというか軽さを感じていますね。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!