ショット力・ツアー屈指の小祝さくら、アプローチの引き出しも進化中? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ショット力・ツアー屈指の小祝さくら、アプローチの引き出しも進化中?

2019年03月08日18時11分

アプローチを強化して開幕戦で好スタート!

アプローチを強化して開幕戦で好スタート!(撮影:村上航)

2019年国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の2日目。1アンダー・6位タイ発進の小祝さくらが、2日目に7バーディ・2ボギー「67」を叩き出し、首位と2打差のトータル6アンダー・単独2位に浮上した。

小祝さくらが前夜祭でドレスアップ 黒いワンピースがクール!【写真】

ルーキーイヤーの2018年シーズンは、何度も優勝争いに絡み、賞金ランク8位(75,007,442円)で初シードを獲得した小祝。ボールストライキング(※トータルドライビング順位とパーオン率順位を合算したランキング)で4位タイと、活躍を支えたのは、新人ながらツアー屈指といえるショット力。

今季の開幕戦も予選ラウンドを終えて、フェアウェイキープ率で1位タイ(27/28)、ドライビングディスタンスでトップ20位内と、飛んで曲がらないショットを武器に上位争いを展開しているが、オフに強化してきたのは「落としどころが狭いときの練習や、難しいライからパーを獲るための取り組みを重点的におこなってきました。充実した練習ができたと思います」とアプローチ面だという。

アマチュア時代からコーチを務める辻村明志コーチに話を聞くと、「シーズン全体を見れば、予選落ちも多かったんです。小祝さんは駆け引きせずに、2打目でピンをバシッと狙いにいくタイプなので(グリーンを外したときに)リカバリーできるようなグリーン周りの対応力をつけるように取り組んでいます」とのこと。

今季から58度のウェッジをクラブセットに入れているが、コーチいわく2年越しの投入だったといい「以前から現在まで“100ヤード以内”に取り組んでいますが、アマチュアからプロになる頃は、56度ウェッジのショットで67〜70ヤードと、適正な距離を打てなかった。ボールの拾い方が悪かったからです。すくい打ちからボールをつぶせるようになってきて、今年は58度をやっと投入し、80ヤードくらいから打てる計算になりました」と、プロ以前から今季まで着実な準備を重ねてきた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「サマンサタバサ ガールズコレクション」ライブフォト
「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」のライブフォトをお届け!
舞台は北アイルランド!「全英オープン」特設ページ
2019年最後のメジャー「全英オープン」特設ページはこちらから。
全英オープン撮れたて写真館
今シーズン最後のメジャー戦「全英オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!