新ルールでまたしても違反 米ツアー優勝選手が初の失格処分に | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ザ・ホンダ・クラシック

  • 期間:2019年02月28日-03月03日、
  • 場所:PGAナショナル(フロリダ)

新ルールでまたしても違反 米ツアー優勝選手が初の失格処分に

2019年03月02日17時19分

アレックス・チェイカが失格となった(写真は昨年撮影)

アレックス・チェイカが失格となった(写真は昨年撮影)(撮影:GettyImages)

ザ・ホンダ・クラシック 初日◇28日◇PGAナショナル チャンピオンコース(米国フロリダ州)◇7125ヤード・パー70>

2019年から適用された新ルール下で、またしても違反があった。ことが起こったのは米国男子ツアー「ザ・ホンダ・クラシック」の初日。米ツアー1勝、欧州ツアーなどで11勝を挙げるアレックス・チェイカ(ドイツ)が、ゴルフ用具の使用に関する規則4.3に違反したとして失格となった。新ルール適用後の失格処分は初となる。

【写真】要注意!ドロップはヒザの高さからになりました

今回チェイカが指摘されたのは、プレー中に使用していたグリーンを読むための用具(グリーンマップ、ヤーデージブックなど)が、規程の大きさを超えていたこと。規則4.3によると、グリーンの図の縮尺は実寸5ヤード(約4.5m)に対して8分の3インチ(約1cm)と、480分の1サイズ。大きさは4と4分の1インチ(約11cm)×7インチ(約18cm)までの大きさに規制されている。

チェイカはこれよりも大きいものを使用していたとして、14番ホールを終えて15番に向かう途中で競技委員に止められた。競技委員は「アレックスは古いヤーデージブックと、サイズ規程にそぐわない用具を使っていた」とし、確認後にアレックスを失格とした。

これ以外にも、新ルールについて度々話題が挙がっている。「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」ではデニー・マッカーシー(米国)がボールの横で素振りをしている段階で、キャディが後方に立っていた。これが新ルールの10-2b(4)に違反したとして2罰打のペナルティが課されたが、同規則の裁定があいまいだったとして後日ペナルティは無効となった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!