アダム・スコット、復調への狼煙 “新ルール”が元世界1位を救う? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ファーマーズ・インシュランス・オープン

  • 期間:2019年01月24日-01月27日、
  • 場所:トリーパインズGC(カリフォルニア)

アダム・スコット、復調への狼煙 “新ルール”が元世界1位を救う?

2019年01月29日11時49分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 J・ローズ -21
2 A・スコット -19
3 T・グーチ -16
  松山英樹 -16
5 J・ラーム -14
  R・マキロイ -14
  J・デイ -14
8 B・ホーシェル -13
9 J・ダーメン -12
  S・ブラウン -12

順位の続きを見る

“新ルール”が後押し? A・スコットに復調の兆し

“新ルール”が後押し? A・スコットに復調の兆し(撮影:GettyImages)

ジャスティン・ローズ(イングランド)の優勝で幕を閉じた、米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」。この大会では、ローズと親交が深いアダム・スコット(オーストラリア)がトータル19アンダーで2位タイに入り、完全復活への狼煙をあげた。

Mr.オーソドックス アダム・スコットのスイング【連続写真】

優勝には2打及ばず4日間を終えたスコットだったが、「2週間前(予選落ちしたソニーオープン・イン・ハワイ)から比べるとプレーが大きく改善された。その時は、まるで1年くらいゴルフをプレーしていないかのように、プレーが錆びついていたからね」と不振から一転、大きな手ごたえを得る大会となった。

かつて世界ランキング1位に君臨したスコットだが、近年は不振が続きランクも急降下。その大きな要因になったのがパットだった。 長尺パターで勝利を重ね、2013年には「マスターズ」も制覇したが、16年にアンカリング禁止のルールが施行された後はパットに苦しみ精彩を失っていった。それを解消しようと、試行錯誤の日々。長尺と短尺のパター2本をバッグに入れる“二刀流”も話題になるなど、最善策が模索された。

しかし今大会では、最終日を含め連日「28」パットを記録するなど、ボールが次々とカップに吸い込まれスコアを積み重ねた。これには「パットに不安がなかった。恐らく4日間連続で28パットは、これまでのベストじゃないかな」と上機嫌といえる表情を浮かべた。

それを支えた要因の1つが、パター自体の改造と握り方の変更だ。今大会で使用したパターはロフト角を6度に変え、さらにグリップを3インチ(約7cm)カット。そして握りも、左手でグリップの下部を握り、上部を左腕にピッタリと沿わせる「アームロック式」を実践した。マット・クーチャー(米国)らも採用するスタイルで、手首の無駄な動きを抑えるのに効果的といわれるが、これが転がりの安定につながった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!