米国で勝つスイングは、インパクトからアドレスを組み立てる!【2018を彩ったイケメンスイング:小平智】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

米国で勝つスイングは、インパクトからアドレスを組み立てる!【2018を彩ったイケメンスイング:小平智】

2018年12月19日12時10分

アドレスよりも、インパクトの手元の位置が高い!

 

アドレスよりも、インパクトの手元の位置が高い!(撮影:村上航)

今季最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で国内ツアー7勝目を挙げた小平智。昨年は平均ストローク、パーオン率、トータルドライビングでツアー1位となったほか、平均パット数、フェアウェイキープ率もツアートップクラスの数字をたたき出す総合力の高さを見せつけた。今年4月には「RBCヘリテイジ」で米ツアー初優勝を達成したスイングを、原江里菜福田真未らを指導する森守洋コーチが解説する。

米ツアーで勝つスイングはこれだ!

小平のスイングの特徴として注目したいのが、アドレスとインパクトでの手元の位置。「アドレスよりも、インパクトのほうが手元が低いんです」。通常、アドレスよりもインパクトのほうが手元の位置が上がりやすくなるが、小平の場合は逆。これはインパクトを意識したアドレス作りに起因する。

アドレスよりも手元の位置が高いインパクト

「アドレスではハンドアップに構えているのが特徴です。インパクトでは遠心力でクラブヘッドのトゥ側が下がってしまうので、それを意識してのアドレスだと思います」。普通、ハンドアップに構えると、アマチュアならインパクトでボールにヘッドが届かず、トップの原因になってしまう。小平のすごいところは、インパクトではしっかりと手元が低くなっていること。「小平選手のすごさは、アドレスよりもインパクトのほうが手元が低くなっている。手元を浮かないようにするためには、左手の動きを減速させないこと。プロレベルでも左手はけっこう減速してしまうのですが、小平選手はスピードを保ったまま動き続ける数少ないプレーヤーです。そのため、手元が浮き上がらずにしっかりとインパクトを迎えていて、ボールをつかまえられる」。

左手のスピードをたもったままインパクトへ

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」速報
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の速報はこちら
川村が出場! 「オマーンオープン」速報
川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オマーンオープン」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!