10年連続保持の山下和宏がシード喪失 持ち味の精度に苦しんだシーズン | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

カシオワールドオープン

  • 期間:2018年11月22日-11月25日、
  • 場所:Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)

10年連続保持の山下和宏がシード喪失 持ち味の精度に苦しんだシーズン

2018年11月23日18時48分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 崔虎星 -7
  浅地洋佑 -7
  嘉数光倫 -7
  S・ストレンジ -7
5 秋吉翔太 -6
6 木下稜介 -5
  上井邦裕 -5
  張棟圭 -5
9 比嘉一貴 -4
  B・ジョーンズ -4

順位の続きを見る

ベテラン・山下和宏がシード陥落 ファイナルQTに向かう

ベテラン・山下和宏がシード陥落 ファイナルQTに向かう(撮影:ALBA)

カシオワールドオープン 2日目◇23日◇Kochi黒潮カントリークラブ・高知県(7335ヤード・パー72)>

2009年からシードを保持し続けた男がいよいよ手放すこととなった。賞金ランキング94位から一発逆転を目指しプレーした山下和宏だったが、トータル6オーバー・86位タイで予選落ち。賞金シードを喪失が決まった。

シード争いの最終章 2日目の熱戦を特選フォトで振り返る【LIVEフォト】

「残念ですけど仕方が無い」と質問より先に自ら口を開いた山下。「最近100ヤード以内のショット、持ち味だったところが良くなくなってしまいバーディが減った。それで1年過ぎました。あっという間に今に至った」と説明する。

不安な部分が徐々にズレていった。アプローチが良くないと思い集中的に取り組むとパターが悪くなる。ショットの精度も同じだった。「今まではずっと遜色ない感じでこられていた100ヤード以内の正確性が今年は悪くて。パーオン率は悪くないのですが、今までならワンピンに付いていたのが今年は付かなくなった。それで楽に獲れるバーディの数が減りましたね」。その言葉を象徴するかのようにバーディ率は昨年の3.17から2.77と大幅にダウン。昨年までもパー5での2オン率はツアーでも下の方だっただけに、原因は明確だった。

今年で45歳となった山下だが、「体力が落ちたわけじゃないのが歯がゆいですね。自分で修正しきれなかった。今までは何か起きても答えが出ていたのに、答えが出ないままここまできてしまった感じです」。体の問題ではないだけに、悔しさがつのる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

舞台は北アイルランド!「全英オープン」特設ページ
2019年最後のメジャー「全英オープン」特設ページはこちらから。
全英オープン撮れたて写真館
今シーズン最後のメジャー戦「全英オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!