来年のスケジュールを変えるかもしれない一打 でも、意外に冷静?【カメラマンの景色】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

来年のスケジュールを変えるかもしれない一打 でも、意外に冷静?【カメラマンの景色】

2018年11月14日21時11分

大事なパットを外しても意外と普通?

 

大事なパットを外しても意外と普通?(撮影:岩本芳弘)

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【伊藤園レディス編】。

【写真】シード権争い大詰め 直前の選手表情を現地からお届け

来年のシード権争いも大詰めを迎えている。今週の「大王製紙エリエールレディスオープン」終了時点で賞金ランキング50位以内がその栄誉あるポジションをつかみ取るが、先週の「伊藤園レディス」でその地位確保に近づいたのが小滝水音。最終日は10番スタートの裏街道から8アンダーをマークして4位タイに入った。

そんな裏街道の快進撃を撮影していたのが岩本芳弘カメラマン。最終ホールとなった9番の状況を鮮明に覚えているという。「小滝選手が最終9番ホールのティグラウンドに立ったときにはトップと1打差に迫っていました。9番でティアップをしようとした小滝選手を見て、有村智恵選手、イ・ボミ選手と、人気選手と同組でも落ち着いているなと思いました」と振り返る。

「フェアウェイからのセカンドショットはギャラリーが沸くようなピン奥2メートル弱につける見事なショットで、思わず笑顔があふれました。バーディを奪ってトップに立つかと思いましたが、そのパットがわずかに外れました。入れば優勝のチャンスがあったパット。それを終えたときの表情があまり変わらないことが、逆に印象に残ってしまいました」(岩本カメラマン)

2日目こそ35パットと苦しんだ小滝だったが、それがあと2打少なければプレーオフに進めていた。「後でわかった事ですが、小滝選手が3日間でフェアウェイを外したのは1回だけ。2日目、3日目も18ホール中17回のパーオンに成功。素晴らしい数字でした」と、文句なしのショット力に岩本カメラマンも驚きを覚えたという。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米プロゴルフ選手権」速報
メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の速報はこちら!
「ほけんの窓口レディース」ライブフォト
今週の舞台は福岡! 「ほけんの窓口レディース」のライブフォトをお届け!
ステップアップツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」ライブフォト
「静ヒルズレディース森ビルカップ」が開幕!ライブフォトをチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!