新装コースで分かれた明暗 プレースタイルがはまった額賀辰徳、苦戦した松山英樹と石川遼【ツアーの深層】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2018年11月08日-11月11日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

新装コースで分かれた明暗 プレースタイルがはまった額賀辰徳、苦戦した松山英樹と石川遼【ツアーの深層】

2018年11月13日12時05分

46位で大会を終えた松山英樹 持ち味の正確なショットは鳴りを潜めた(撮影:佐々木啓)

今年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」は、ツアー屈指の飛ばし屋・額賀辰徳のツアー初優勝で幕を閉じた。本大会会場の太平洋クラブ御殿場コースは、世界の名門コースを手がけてきたリース・ジョーンズ氏を改修責任者に迎え、全面改修が行われた。本大会に2年ぶりに参戦した松山英樹も監修に加わり、2ホールがパー5からパー4になったり、バンカーが見直されたりと、よりハザードが効いた戦略性の求められる新コースとして生まれ変わった。JGTOのコースセッティング・アドバイザーを務める田島創志が、ツアーの深層を語る。

【写真】ジュニア2人とともに初優勝を喜ぶ額賀辰徳

■新装コースがピタリとはまった額賀辰徳

「改修されてフェアウェイが広がったところもありますが、一方で、ホールロケーションで狙う場所は狭くなったので、フェアウェイのポジショニングがより重要になりました」と田島は語る。加えて、今年はティショット地点にガードバンカーが新設されたりとハザードが効いているため、今まで漠然と“あの辺を超えればいい”と打てていたものが、よりフェアウェイの狙う場所を意識させる作りとなった。「ショット力が必要になる反面、狙う場所がはっきりしている」と語ったが、この新装コースが額賀にピタリとはまった。

本大会には6度目の参戦となるが、自身でも「いい印象はなかった」と口にしたとおり、昨年までで最高順位は2016年の43位タイ。これまで本大会で目立った成績を残すことはなかったが、コース改修が行われた今年は見事に攻略。その要因のひとつとして、「ドライバーを気持ちよく打てているからかもしれない」と語った額賀。

同会場は、これまでIP(ティショットの落下地点の設定距離)が250ヤードとなっていたが、改修を経て280ヤードに変更された。「ここは飛距離の出る選手がアドバンテージを持つコースだと思います。IPが280に変更されたことで、それがさらに生かされる形になったのも大きい。距離の出ない選手は、相当にキツくなったはずです」と、稀代の飛ばし屋にとっては好条件。300ヤード超えの飛距離に加え、3日間通してパーオン率72.22%と抜群のショットの精度も披露した。7262ヤード・パー70と距離が比較的長く、よりショットの精度が求められるコースで、持ち前のビッグドライブを武器に、グリーンを狙うショットでも強みを存分に発揮した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!