松田鈴英、永井花奈の若き力は優勝に及ばず… 同学年の2人が残した鮮烈な印象 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2018年11月09日-11月11日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

松田鈴英、永井花奈の若き力は優勝に及ばず… 同学年の2人が残した鮮烈な印象

2018年11月11日19時30分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 黄アルム -13
2 永井花奈 -12
  アン・ソンジュ -12
4 青木瀬令奈 -11
  小滝水音 -11
6 佐伯三貴 -9
  申ジエ -9
  ユン・チェヨン -9
  鈴木愛 -9
10 松田鈴英 -8

順位の続きを見る

自身初タイトルを狙った松田鈴英

自身初タイトルを狙った松田鈴英(撮影:米山聡明)

伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇11日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

自身初の単独首位で最終日を迎えた松田鈴英と、2打差の3位からスタートした永井花奈。ともに最終組で回った2人の若い力だったが、最後に力尽きた。

【写真】女優・中谷美紀さんとカップを掲げる黄アルム

ツアー初優勝を目指し逃げ切りを図った松田は、序盤からショットが安定せず。2番パー3でティショットをグリーン右のラフに外すと、寄らず入らずのボギー。ここからバタバタと3、4番でもスコアを落とした。「単独首位は初めてだったので、少し緊張はありました…」と力なく語った松田。続く5番パー5では、持ち前の飛距離を生かし、2オン2パットのバーディを奪い、6番でもスコアを伸ばしたが、前日までの勢いを取り戻すことはできなかった。

3週前の「マスターズGCレディース」では、優勝争いを繰り広げながら終盤の失速に涙した。その時よりも緊張した、と口にはしたが、3連続ボギーを喫した後も「全然諦めていなかった」と気持ちを切らさずにプレー。18番のダブルボギーは、果敢にピンを狙い、その結果池に入れてしまったもの。最後まで戦う姿勢を見せ続けた。「悔しいけど仕方ない。あとは気持ちだけ」と、メンタル面が優勝へのラストピースとなる。

一方、2勝目を狙いスタートした永井は、「後半は100点のゴルフでした」と満足感も口に。5番ではティショットがOBとなりダブルボギーを喫したが、ここから「全部バーディを獲る」と気持ちを切り替えた。すると、後半に入り怒涛の5バーディを奪うなどハーフ「31」をマーク。一度は退いた優勝争いに再び顔を出し、同組で回った優勝者・黄アルム(韓国)に最後までプレッシャーをかけ続けた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!