ショットのキレを取り戻したイ・ボミ そのポイントは“おへそ”にあり | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2018年11月09日-11月11日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

ショットのキレを取り戻したイ・ボミ そのポイントは“おへそ”にあり

2018年11月11日19時13分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 黄アルム -13
2 永井花奈 -12
  アン・ソンジュ -12
4 青木瀬令奈 -11
  小滝水音 -11
6 佐伯三貴 -9
  申ジエ -9
  ユン・チェヨン -9
  鈴木愛 -9
10 松田鈴英 -8

順位の続きを見る

ショットへの手ごたえを口にしたイ・ボミ

ショットへの手ごたえを口にしたイ・ボミ(撮影:米山聡明)

伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇11日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

2日目に今季自己ベストとなる「67」をマークしたイ・ボミ(韓国)は、最終日も5バーディ・1ボギーの「68」で回り、トータル7アンダー・14位タイでフィニッシュ。復活に向け、実りのある大会となった。

復調気配!イ・ボミスマイルはフォトギャラリーでチェック

“裏街道スタート(INスタート)”ながら、スマイルキャンディが、そのプレーでも会場を賑わせた。「ショットが本当によくなりました」と振り返ったラウンドは、出だしの10番、11番、さらに14番、15番でも連続バーディ。前半だけで4つ伸ばす活躍で、上位との差をグングン縮めた。

自身今季初となるトップ10入り、さらには“復活優勝”すら予感させる猛チャージだったが、後半はガマンの展開。6番では3パットを喫し、この日唯一となるボギー。しかし「これで切り替えられました」と8番パー4で難しい奥5mのスライスラインを読み切りバーディとし、いい形でラウンドを締めくくることができた。

2日目はフェアウェイキープ、パーオンともに100%を記録。3日間通じてフェアウェイキープは全体3位(42ホール中38度)、パーオンも6位(54ホール中47度)と高水準のショットを保ち続けた。この要因としてボミは、スイング時に意識するポイントを変えたことを挙げた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!