目指せ“日本のマスターズ”! コースだけじゃない、世界基準を目指した取り組み | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2018年11月08日-11月11日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

目指せ“日本のマスターズ”! コースだけじゃない、世界基準を目指した取り組み

2018年11月11日18時55分

まさに特等席でゴルフを楽しめる 購入した椅子は来年の再利用が可能だ(撮影:ALBA)

三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇11日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)>

今年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で話題となったのが、大会会場のコース改修。舞台となった太平洋クラブ御殿場コースは、松山英樹を監修に迎え、“世界水準”を大命題として大幅な改造が行われた。

【写真】マスターズ仕様? キャディは緑のつなぎを着用

しかし、会場を見渡してみると“世界水準”を意識している取り組みがほかにも見られる。ひとつは、キャディが身につけている緑のつなぎだ。大会事務局は、「海外メジャーのマスターズは、コース内のものが緑・白をメインに統一されていて、すべてがシンプル。本大会もそれを意識しました」と、大会カラーの緑で統一。本場のマスターズは白だが、キャディだけでなくロープ内に入るスタッフも緑のつなぎを支給。スコアラーやキャリングボード係も、同じつなぎを身につけていた。

そして、もう一つが今年はじめて販売された「マスターズ・チェア」。同じく緑色の観戦用の簡易椅子が販売されていたが、看板に書かれていたのは“特等席を手に入れる”というキャッチフレーズ。実はこれ、購入者に18番グリーンの横にある、ロープ内の特別エリアに入れる優待がついてくる。日本はついて歩いてプレーを見るスタイルが主流だが、海外メジャーは定点で席を設けて見る。本大会もそれを意識してのことだという。

グリーン右サイドにかまえる池のギリギリまで用意されたスペースで観戦が可能で、大会期間中に予定していた100席が完売。実際に購入した観客は、「一番大事な瞬間を近くで見られるのは、すごく楽しい。2日目に買って、また来ちゃいました」と喜びの声も聞かれた。ちなみに、今年販売された椅子は、来年も使用することが可能。来年の大会でも、同じように特別エリアがもうけられる予定だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!