青木瀬令奈がスイング前の“ルーティン変更”で好発進 取り入れたのは、みんながやってるあの動作?  | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

伊藤園レディスゴルフトーナメント

  • 期間:2018年11月09日-11月11日、
  • 場所:グレートアイランド倶楽部(千葉県)

青木瀬令奈がスイング前の“ルーティン変更”で好発進 取り入れたのは、みんながやってるあの動作? 

2018年11月10日06時49分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 佐伯三貴 -6
2 黄アルム -5
3 有村智恵 -4
  一ノ瀬優希 -4
  大城さつき -4
  藤本麻子 -4
  青木瀬令奈 -4
  鈴木愛 -4
  申ジエ -4
  ユン・チェヨン -4

順位の続きを見る

青木瀬令奈はある気づきからティショット前の素振りを取り入れた

青木瀬令奈はある気づきからティショット前の素振りを取り入れた(撮影:岩本芳弘)

伊藤園レディスゴルフトーナメント 初日◇9日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>

トップと2打差の4アンダー・3位タイで初日の競技を終えた青木瀬令奈は、ホールアウト後「いつ以来か忘れちゃった」という好発進に笑顔を見せた。一桁順位で初日を終えたのは、今年8月の「ニトリレディス」(初日2位)以来のこと。そしてこの結果は、先週の「TOTOジャパンクラシック」での、ある“気づき”が影響している。

ドレス姿の青木瀬令奈が親友と笑顔のツーショット【写真館】

青木は、この試合で3日間同組だったジャッキー・コンコリーノ(米国)のティショットのスイング…、厳密にいうと、フィニッシュ後に反動で戻ってくるクラブの速さに目を奪われた。最近は、「しっかりと振り切れていない」という課題もあっただけに、この光景を見て「ここまで振り切らないとダメなのかな。どうやったら、あんなスピードで戻るんだろう」と考えた。そして今大会のプロアマから、スイングスピードを上げるため、これまでにしてこなかった動きをティショット前に取り入れた。それが“素振り”だ。

「普通のことでは?」と思う人も多いかもしれないが、実はこれまで青木のティショット前に行う一連の動きのなかに、素振りは含まれていなかった。スタート直後には体をほぐすために軽く一振りすることはあったが、その後はスイング前の素振りはなし。最初の一振りでボールを打つことを、中学生時代から続けてきたのだ。

これは師匠で、シニアプロの佐藤剛平の影響が大きい。佐藤が指導を行うジュニアスクールに子供のころから通っていた青木。このスクールには『行動は機敏に』、『素振りは1回まで』という2つの教えがある。プレーファストを目指すための“哲学”が染みつき、その1回の素振りすらしなくなったというわけだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!