ホストプロとして“おつとめ”を エース達成の日高将史が裏街道から存在感 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

  • 期間:2018年11月01日-11月04日、
  • 場所:PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)

ホストプロとして“おつとめ”を エース達成の日高将史が裏街道から存在感

2018年11月04日19時54分

自身ツアー初のエースを達成した日高将史(提供:大会事務局)

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇4日◇PGMゴルフリゾート沖縄(7,270ヤード・パー72)>

本大会のホストプロといえば地元・沖縄出身の宮里優作・聖志兄弟、池田勇太とビッグネームが名を連ねる。しかし、今年一番存在感を示したのは、最終日にインスタートの裏街道からスタートした日高将史だった。

【写真】ちゅらかーぎー! 沖縄美女と笑顔のショーン・ノリス

今季から、大会主催のパシフィックゴルフマネージメント株式会社とスポンサー契約を結んでいる日高。初のホストプロとしての参戦に「お世話になっているので、しっかり成績を出せるようにと挑みました」という言葉通り、この日は8番・パー3でホールインワンを達成。

128ヤードを9番アイアンで振り抜き、「打った感触もよくて、右からの風にうまく乗った感じ。まさか入るとは思いませんでした」と、トーナメントで自身初のエース達成に笑みがこぼれる。トータル1アンダー・46位タイからスタートしたが、エースを含めて最終日に4つスコアを伸ばし、トータル5アンダー・21位タイで終了。ホストプロとして活躍を見せることができた。

昨年は賞金ランク75位タイに入って、初の賞金シードを獲得。「今年は年間通して出場できているので、去年よりも落ち着いて出来ている」と1年を振り返る。今年もシード獲得を目指しているが、本大会を終えて賞金ランクは80位。まだまだ上を目指さなければならない。年内で出場が見込まれるのが、11月22日に開幕する「カシオワールドオープン」。この日の活躍を糧に、残りの試合でさらなる飛躍を狙いたい。(文・谷口愛純)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!