日本勢最上位の片岡大育は「4日間ちゃんとやりたかった」 残り1日で逆転優勝を目指す | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

  • 期間:2018年11月01日-11月04日、
  • 場所:PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)

日本勢最上位の片岡大育は「4日間ちゃんとやりたかった」 残り1日で逆転優勝を目指す

2018年11月03日13時48分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 S・ノリス -14
2 片岡大育 -13
3 チョ・ミンギュ -12
4 今平周吾 -10
  星野陸也 -10
6 韓 承洙 -9
  武藤俊憲 -9
  竹安俊也 -9
9 Y・E・ヤン -8
  大槻智春 -8

順位の続きを見る

片岡大育は残る1日での逆転優勝にかける

片岡大育は残る1日での逆転優勝にかける(撮影:村上航)

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 3日目◇3日◇PGMゴルフリゾート沖縄(7,270ヤード・パー72)>

2日目を終えて日本勢最上位につけたのが、今季アジアと欧州ツアーを転戦してきた片岡大育。単独首位のショーン・ノリス(南アフリカ)とは3打差につけている。強い雨風のため3日目が中止となり、残る1日で逆転を目指していく。

これが男子会場の様子…フェアウェイに川が出現!?【男子大会フォトギャラリー】

「4日間ちゃんとやりたかった」というのは、“4日間しっかりプレーをして勝ちたい”という気持ちはもちろん、加算される賞金が75%に減ってしまったことも大きい。今季は国内ツアー13試合に出場し、トップ10は1度のみと思うように成績が残せていない。

翌シーズンの賞金シードは上位65位までの選手に付与されるが、現在片岡は61位。「賞金ランキングも下の方で、あちこちから心配の声を頂いていた。成績で返さないといけない」と心に決めていただけに、72ホールやりきれないのは残念な気持ちが大きい。

しかし、短縮になったとはいえ優勝すれば3000万円が上乗せできる。「沖縄の3打差は、天候次第で難しくなるけど、チャンスもあると思う。明日、できるだけ上位を狙っていきたい」と、ラスト18ホールに全力を注ぐ。(文・谷口愛純)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!