【勝者のギア】曲げない意識はもう卒業 稲森佑貴がたどり着いた境地「叩いて振り抜くだけ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2018年10月11日-10月14日、
  • 場所:横浜カントリー倶楽部(神奈川県)

【勝者のギア】曲げない意識はもう卒業 稲森佑貴がたどり着いた境地「叩いて振り抜くだけ」

2018年10月15日15時09分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 稲森佑貴 -14
2 S・ノリス -12
3 岩田寛 -8
  嘉数光倫 -8
5 竹安俊也 -7
  藤田寛之 -7
  時松隆光 -7
  片岡大育 -7
9 A・キュー -6
10 B・ジョーンズ -5

順位の続きを見る

“日本一曲げない男”稲森佑貴 攻撃力アップ重視のギア変更で日本タイトルを獲得した

“日本一曲げない男”稲森佑貴 攻撃力アップ重視のギア変更で日本タイトルを獲得した(撮影:村上航)

<日本オープン 最終日◇14日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

国内最強の称号をかけた戦い、「日本オープン」。トータル11アンダー・単独首位から出た稲森佑貴がツアー初優勝を挙げた。稲森はこの日5バーディ・2ボギーの「68」をマーク。2打差をつけて、悲願の初優勝とビッグタイトルを手に入れた。

【写真】優勝カップを誇らしげに掲げる稲森佑貴

「初優勝がメジャー大会で、自分にとって最大の自信になります。今年は(多くの)九州勢の選手が優勝していて、波に乗りたいと思っていた。自分の中では日本オープンが一番ビッグな試合だと思っているので、優勝できて本当によかったです」(稲森)

一番獲りたい試合であるゆえ、緊張は当然。8番までは表情が硬かったが、9番の長いバーディを決めて落ち着いた。そして、どれだけ緊張しようとも、FWキープ率にはまったく影響がなかった。最終日は圧巻の100%を記録、4日間で86.67%とダントツの1位だが、すでに本人の意識はそこから卒業していた。

「今はFWキープの意識は持ってないです。昔は確かに持ってましたが、今は結果としてそうなっているだけ。とにかく振り切らないといけない。合わせに行かず、しっかりと振り抜いて叩くことがFWキープにつながっています」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

舞台は北アイルランド!「全英オープン」特設ページ
2019年最後のメジャー「全英オープン」特設ページはこちらから。
全英オープン撮れたて写真館
今シーズン最後のメジャー戦「全英オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!