「78」で大きく後退したアマ桂川有人 “クワドラプルボギー”の原因を自己分析 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2018年10月11日-10月14日、
  • 場所:横浜カントリー倶楽部(神奈川県)

「78」で大きく後退したアマ桂川有人 “クワドラプルボギー”の原因を自己分析

2018年10月13日17時20分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 稲森佑貴 -11
2 竹安俊也 -8
3 鍋谷太一 -7
  藤田寛之 -7
5 岩田寛 -6
  A・キュー -6
  S・ノリス -6
8 大堀裕次郎 -5
  時松隆光 -5
  片山晋呉 -5

順位の続きを見る

「65」をマークした2日目から一転… アマ桂川有人は29位に急落となった

「65」をマークした2日目から一転… アマ桂川有人は29位に急落となった(撮影:村上航)

日本オープンゴルフ選手権競技 3日目◇13日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

ゴルファー日本一を決める国内男子ツアー公式戦「日本オープン」。トータル8アンダー・単独首位で予選を突破した桂川有人(日本大学2年)だが、3日目に2バーディ・5ボギー・1クワドラプルボギーの「78」とスコアを7つ落とし、トータル1アンダー・29位タイと大きく後退した。

【写真】厳しい表情を浮かべる石川遼

痛恨の1ホールの前に予兆はあった、と桂川は言う。「10番でグリーン右手前のバンカーに入れてしまって。その時に打つところのすぐ後ろにアゴがあって、テークバックに十分なスペースを取れず真上に上げる感じになってしまった。そのライを見てちょっと気持ちが落ちてしまいました」。そのバンカーショットは「上手く打てず」奥のバンカーに。このホールはボギーでしのいだが、嫌な感じが残った。

そして運命の11番。予選ラウンド2日間はバフィ(4番ウッド)でティショットを打っていたが、「今日は攻めよう」と手にしたのはドライバー。これが誤算だった。「このティショットが今日一番ダメでしたね。クラブ選択という意味ではもちろん、ドライバーで打つイメージが出てないのに打ってしまいました」。このティショットを右に大きく曲げて、フェアウェイに出そうとした球が奥のラフへ。そこから打てずアンプレするなど7オン1パット。「慣れているバフィで打つべきでした」と唇をかんだ。

その後も「気持ちは切り替えられているつもりだしたが、どこかショットに影響していたと思います」と挽回できず1バーディ・2ボギー。「ちょっと慌ててしまう部分がでました。良いリズムにしないと、と分かっていてもできなかったです」と最後まで苦しい18ホールとなった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!