石川遼はショットに手応えも… パター不調で伸ばせず1アンダー・44位T | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2018年10月11日-10月14日、
  • 場所:横浜カントリー倶楽部(神奈川県)

石川遼はショットに手応えも… パター不調で伸ばせず1アンダー・44位T

2018年10月11日19時36分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 B・ジョーンズ -7
  宋永漢 -7
  藤田寛之 -7
4 藤本佳則 -6
  D・オー -6
  梁津萬 -6
7 アンソニー クウェイル -5
  J・パグンサン -5
  嘉数光倫 -5
  鍋谷太一 -5

順位の続きを見る

グリーン上で苦しんだ石川遼 あすはパット改善に努める

グリーン上で苦しんだ石川遼 あすはパット改善に努める(撮影:村上航)

日本オープンゴルフ選手権競技 初日◇11日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

昨年の本大会で国内復帰を果たした石川遼が、今年も参戦。予選落ちとなった昨年の雪辱を果たすべく臨んだが、初日は4バーディ・3ボギーの「70」と、1アンダーで終了。44位タイ発進と、やや出遅れる結果となった。

【写真】グリーン上でしぶい表情を見せる石川遼

伸ばしきれなかった要因は、今週変えたパターにある。1試合前の「トップ杯東海クラシック」ではピン型を使っていたが、今週はセンターシャフトに変更。「センターシャフトにしたことでフェースのローテーションを抑える感じになっているので、インパクトのときのヘッドスピードが全体的に落ちている」。ピン型のときは、インパクトのときに手首の返しを利用し、加速させてタッチを合わせていた。センターシャフトだとそれができないため打ち切れず、加えて実際よりもグリーンが速く見えることもあり、「全体的にショートしてしまった」と、この日は2回の3パットを喫した。

ショットに関しては「このショットを打っていたら、崩れるイメージが湧かない」と感触がいいだけに、スコアを爆発させるにはパッティングの修正が必須だ。「明日もスコアを伸ばせるように頑張りたいですし、修正するのはパッティングのタイミングだと思う」。まずは予選通過に向けて、課題のクリアを目指していく。(文・谷口愛純)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!