世界一のパットと抜け目のないコースマネジメント…ユ・ソヨンのワールドクラスの技術を徹底解剖【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

日本女子オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2018年09月27日-09月30日、
  • 場所:千葉カントリークラブ 野田コース(千葉県)

世界一のパットと抜け目のないコースマネジメント…ユ・ソヨンのワールドクラスの技術を徹底解剖【辻にぃ見聞】

2018年10月02日17時20分

コースマネジメントにも長けていたユ・ソヨン その強さを見せつけた

コースマネジメントにも長けていたユ・ソヨン その強さを見せつけた(撮影:村上航)

元世界ランク1位。2011年「全米女子オープン」、17年「ANAインスピレーション」と海外メジャー2勝を誇るユ・ソヨン(米国)が圧倒的な強さを見せた「日本女子オープン」。4日間でボギーはわずかに2つ。パーオン成功は78ホール中58ホールで畑岡奈紗と並ぶ1位となり、優勝を果たした。彼女の技術力の高さをプロコーチの辻村明志氏に聞いた。

パットのアドレス前に集中を高めたユ・ソヨンの表情<大会フォト>

■「世界一」のパット技術のポイントは左肩にあり
ソヨンの強さについて、辻村氏が真っ先に挙げたのが、「世界で一番上手い」と絶賛するパットの技術だ。

「ソヨンさんのパッティングは、フィニッシュでヘッドがピタっと止まる。ボールが止まるまで、フェース面がしっかりとターゲットを指している。打って終わりではなく、打ち終わった後が決まっている。かつ無理にフォロースルーを出している印象もありません」

米国男子ツアーを舞台に活躍する選手の多くにも共通して見られる特徴は“フォロースルーを無理に出さない”。一方、女子選手では“無理に手先でフォロースルーを作る傾向”があると辻村氏。ソヨンがトップクラスの技術を披露できる理由をひも解くには「左肩」に注目。

「アドレスからフィニッシュまで、左肩がほとんど上がらないので、フォロースルーも出ないし、フォローも低い。左肩が動くと、フェース面が安定せず、出球がぶれる原因になる。より体幹でストロークでき、アドレスとほぼ変わらない体勢でインパクトできれば、球をこすれる時間が短く、ブレない。これがパッティングの打ち方の技術なんです」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!