史上11人目の快挙 池田勇太、ツアー通算20勝への道のり | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

史上11人目の快挙 池田勇太、ツアー通算20勝への道のり

2018年09月23日15時34分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -15
2 J・ハーディング -9
3 岩田寛 -8
4 K・キタヤマ -7
  久保谷健一 -7
  S・ノリス -7
  朴相賢 -7
  星野陸也 -7
9 A・シルバ -6
  稲森佑貴 -6

順位の続きを見る

ツアー通算20勝目を挙げた池田勇太 これまでの戦績を振り返る

ツアー通算20勝目を挙げた池田勇太 これまでの戦績を振り返る(撮影:佐々木啓)

<アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 最終日◇23日◇武蔵カントリークラブ 笹井コース(7060ヤード・パー71)>

日亜共同主管大会「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」で後続に6打差の圧勝を果たした池田勇太。これで今季初優勝を飾ると同時に、節目となるツアー通算20勝を達成した。

【写真】日本VSアジアツアー勢 頂上決戦の模様を特選フォトで振り返る

今年の「日本プロゴルフ選手権」で大会史上最年長優勝を遂げた谷口徹に続き、ツアー史上11人目(1973年のツアー制施行後)となるツアー20勝の大台。32歳275日での到達は史上3番目の年少記録となった。

千葉学芸高校から東北福祉大学を経て07年にプロ入り。翌年にはすぐさま賞金シード権を手中におさめ、09年のメジャー「日本プロゴルフ選手権」でツアー初優勝。同年は年間4勝を挙げる活躍を見せ、23歳の若さながら賞金ランク2位に入った。その後もコンスタントに勝利を積み重ね、14年の「日本オープン」で2つ目のメジャータイトルを奪取。日本プロ、日本オープンを20代で制覇するのは、74年の尾崎将司以来史上6年目の快挙だった。

16年には史上4年目の年間獲得賞金2億円を突破し、自身初の賞金王戴冠。17年には史上最年少で生涯獲得賞金10億円を達成し、今年のダイヤモンドカップで10シーズン連続優勝。常にツアー第一線で戦い続け、節目のツアー通算20勝目を遂げた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!