畑岡奈紗は出だしのピンチ乗り切り6バーディ「自信を持ってパットできた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

エビアン選手権

  • 期間:2018年09月13日-09月16日、
  • 場所:エビアン・リゾートGC(フランス)

畑岡奈紗は出だしのピンチ乗り切り6バーディ「自信を持ってパットできた」

2018年09月14日07時43分

首位と2打差の畑岡奈紗 メジャー制覇に向け好発進

首位と2打差の畑岡奈紗 メジャー制覇に向け好発進(撮影:GettyImages)

エビアン選手権 初日◇13日◇エビアン・リゾートGC(6523ヤード・パー71)>

海外女子メジャー最終戦の「エビアン選手権」が開幕。初日は好天に恵まれ、好スコアが続出した。日本から出場している畑岡奈紗は6バーディ・2ボギーの「67」で4アンダーのスタート。首位と2打差の4位タイ発進。メジャー制覇に向けて、まずは第一関門を上位で通過した。

【写真】畑岡奈紗は憧れの宮里藍と2ショットでこの笑顔!

10番スタートの畑岡は、「最初の3ホールは1メートル以上のパーパットが残った」としながら、これをパーで乗り切ると、13番パー5で初バーディ。15番のパー5でも3打目を50センチにつけてバーディ。難易度の高い18番パー4は2打目を左に曲げてボギーとしたが、1アンダーで後半に突入した。

「思うようなショットはできなかったけどティショットはフェアウェイに置けたので、チャンスにはつけられたと思います」と、ショットには不満もありながら、後半は畑岡らしい攻めのゴルフを展開。3番ではグリーン左の斜面を使って4メートルに寄せてバーディ。4番をボギーとしたものの、圧巻は7番からの3連続バーディ。「いいパットで獲れたバーディだったのでよかったです」と笑みを見せた。

フェアウェイキープは13ホール中12回と大けがすることなく、パット数も「25」でグリーン上でも強さを見せた。「18ホール自信を持ってパッティングできました」と、ライン、タッチともにはじめてのコースに対応。7番では下りの6メートル、8番では8メートルをジャストタッチで沈めると、9番でも2.5メートルをど真ん中から決めてみせた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米オープン」速報
メジャー第3戦「全米オープン」の速報はこちらから
全米OP撮れたて写真館
「全米オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
米女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」速報
畑岡らが出場する「マイヤーLPGAクラシック」の速報をチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!