ジョーダン・スピースが逃した最終戦行き、タイガーは5年ぶり出場 トップ30に残ると何がおいしい? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

BMW選手権

  • 期間:2018年09月06日-09月09日、
  • 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア)

ジョーダン・スピースが逃した最終戦行き、タイガーは5年ぶり出場 トップ30に残ると何がおいしい?

2018年09月11日07時44分

5年ぶりに最終戦出場を決めたタイガー・ウッズ

5年ぶりに最終戦出場を決めたタイガー・ウッズ(撮影:GettyImages)

BMW選手権 5日目◇10日◇アロニミンクGC(7190ヤード・パー70)>

米国男子ツアーの2017-18シーズンも残すところ、最終戦の「ツアー選手権」1試合となった。悪天候により月曜日までもつれ込んだプレーオフ第3戦の「BMW選手権」では、フェデックスカップランキングに大きな注目が集まった。今大会終了後、同ランキング30位以内が最終戦への切符を手にすることができるからだ。

【スイング連続写真】全盛期を思わせるタイガー・ウッズの最新ドライバースイング

その渦中にいたのが、優勝したキーガン・ブラッドリーとここで敗退となってしまったジョーダン・スピース(ともに米国)の2人だった。

大会前、ブラッドリーの同ランキングは52位。11年の「全米プロゴルフ選手権」でメジャー優勝。翌年はWGC(世界ゴルフ選手権)のタイトルも獲得するなど将来を有望視されたが、その後は一気にトップを駆け落ち、今季はようやく復活の兆しが見え、ここにきて6年ぶりのツアー優勝。同ランキングも6位にまでジャンプアップして、復活劇を演じてみせた。

歓喜のブラッドリーとは対照的に、最終戦行きを逃したのが15年の年間王者で、元世界ナンバー1のスピースだ。今大会前の同ランキングは27位。最低でも24位タイ以上の順位が必要と見られた中でも調子は上がらず。最終日もスコアを落とし55位タイでフィニッシュ。同ランキングも31位に終わり、「運命を自分で握っていたけど、今週は僕の週ではなかった」と、プロ転向後はじめて最終戦行きを逃した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!