【記者の目】ゴルフは個人競技にあらず 九州勢活躍の裏に見たチームワーク | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

フジサンケイクラシック

  • 期間:2018年08月30日-09月02日、
  • 場所:富士桜カントリー倶楽部(山梨県)

【記者の目】ゴルフは個人競技にあらず 九州勢活躍の裏に見たチームワーク

2018年09月04日17時00分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 星野陸也 -16
2 今平周吾 -11
3 重永亜斗夢 -10
4 木下稜介 -6
  B・ケネディ -6
6 B・ジョーンズ -5
  池田勇太 -5
8 松原大輔 -3
  金亨成 -3
  ブライアン ジョン -3

順位の続きを見る

“チーム孔明”での練習ラウンド

“チーム孔明”での練習ラウンド(撮影:鈴木祥)

国内開幕戦で優勝した熊本出身の重永亜斗夢を筆頭に、今季すでに2勝の秋吉翔太(熊本出身)、先週ツアー初優勝を挙げた出水田大二郎(鹿児島出身)。今季はここまでを振り返れば、優勝した日本人選手の多くが九州出身だ。

【写真】バンカーショットのアドバイスを受ける様子

この九州勢の強さは、一体どこにあるのだろう。秘訣に迫るべく、先週優勝したばかりの出水田の練習ラウンドを見にいくと、さっそくその片鱗が見えた。

出水田が一緒に回っていたメンバーは、2014年賞金王の小田孔明、秋吉、北村晃一のいわゆる“チーム孔明”だ。練習ラウンドはほぼこのメンバーで行っているというだけあって、冗談を言い合いながらとても楽しそうだ。しかしその合間には「小田さん、この距離ってこの番手ですかね」「ここの傾斜はどうですか」と、要所要所で若手3人が小田にアドバイスを求める場面が何度も見られる。

「孔明さんは経験豊富な方なので、コースや状況に応じたマネジメントを教えていただいています」というのは出水田。もともと小田に教わっていた秋吉の誘いで、昨年の秋ごろからチームに加わった。

九州勢の選手を中心に集まって、技術論をガッツリ教えるというよりも、コースや大会について“伝授”しているという様子。なるほど、九州勢の強さはここにあったのか。「いろいろなプロと回って、いいところを見て、自分だけのプレーで気づけないところが見えてくる。経験してきたことを伝えることしかできないが、翔太たちが僕くらいの年になったときに、下の選手につないでいったらいいと思う。それが九州の伝統」と小田は語る。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!