ピンチ乗り越えた松山英樹 ロスト回避で次戦進出も濃厚 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

デル・テクノロジーズ選手権

  • 期間:2018年08月31日-09月03日、
  • 場所:TPCボストン(マサチューセッツ)

ピンチ乗り越えた松山英樹 ロスト回避で次戦進出も濃厚

2018年09月02日10時03分

予選通過で次戦進出が濃厚となった松山英樹

予選通過で次戦進出が濃厚となった松山英樹(撮影:GettyImages)

デル・テクノロジーズ選手権 2日目◇1日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>

いろんな表情が入り交じったラウンドとなった。米国男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦「デル・テクノロジーズ選手権」2日目。イーブンパーからのスタートとなった松山英樹は、5バーディ・3ボギーの2アンダーで回り、34位タイに浮上。決勝ラウンドにコマを進めた。

【スイング連続写真】松山英樹のショットは戻ったのか?最新のドライバースイングをチェック

出だしの1番で7メートルを沈めてバーディ。前半は3パットボギーがありながらも順調にスコアを伸ばし3アンダーで折り返したが、10番から暗雲が立ちこめる。1.5メートルのバーディパットを外すと、その後はショットにも影響が出てしまう。14番ではティショットを大きく左に曲げ、あわやロストボールのところ、なんとか見つかりボギーで上がると、ホッとした表情。16番では30センチにつけるスーパーショットでバーディを奪い返し、2日目を終えた。

「午前中の感じはもっと伸ばせそうだったけど、11番以降はよくそこから1オーバーで上がったなという感じでした」と、後半のゴルフを振り返った松山。14番のトラブルも「最悪トリプル、ボールが見つかってボギーで上がれて良かった」と、安堵の表情を見せた。

調子が上がらないシーズを送る松山だが、この日もショットには不満が残った。「先週と違っていいのがほとんどないんですけど、それでもチャンスについたりしているのに、それを次に繋げられないのがすごく残念な感じのラウンドですね」と、納得にはほど遠いながらも、「最低限はクリアした」と前を向く。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が初戦でトップ10入り! 結果はこちら
河本が米女ツアー初参戦!「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の結果はこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」結果
松山英樹、T・ウッズらが出場した「ファーマーズ・インシュランス・オープン」の結果はこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」結果
今平周吾と川村昌弘らが出場した欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!