【勝者のギア】パット巧者の大砲・出水田大二郎の初優勝ギア「軽いシャフトで振りやすくなった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

RIZAP KBCオーガスタ

  • 期間:2018年08月23日-08月26日、
  • 場所:芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)

【勝者のギア】パット巧者の大砲・出水田大二郎の初優勝ギア「軽いシャフトで振りやすくなった」

2018年08月27日14時53分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 出水田大二郎 -14
2 崔虎星 -13
3 今平周吾 -12
  J・パグンサン -12
5 W・J・リー -11
  P・サクサンシン -11
7 池田勇太 -10
  木下裕太 -10
  石川遼 -10
  川村昌弘 -10

順位の続きを見る

ツアー初優勝を挙げた出水田大二郎 25歳に飛躍の気配が漂っている

ツアー初優勝を挙げた出水田大二郎 25歳に飛躍の気配が漂っている(撮影:佐々木啓)

RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日◇26日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

わずか50cmのパーパット。だが、打つ本人は震えていた。レギュラーツアーで初めてのウイニングパットに手の震えは止まらず、「もう(震えは)止まらないと思って」と打った球はカップに収まり、出水田大二郎がプロ転向8年目でうれしい初優勝を挙げた。

【写真】仲間たちに手荒い?祝福を受ける出水田

183センチ、83キロ。ドライビングディスタンスはツアー10位の大砲(平均296.15ヤード)だが、これはオフにシャフトを軽く(60グラム台に)してさらに飛距離が伸びた結果だとか。本人いわく「振りやすくなった。飛距離にして5ヤードくらい伸びていると思う」。

またアイアンを新作に替えたのは7月の「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」から。ロングアイアンとそれ以下で2つのモデルをコンボさせるのは前作から同じ。「3I〜5Iはフルキャビティにしています。楽に球が上がるので、グリーンを狙うのにはフルキャビディのほうがいいかと思って」。

ダンロップの担当者は「距離をきっちり合わせる目的でこのセッティングですね」。また、セッティングの全体的な傾向として「出水田プロはフェーダーなので、つかまえつつもフェードで戻ってくるセッティングにしています」とのこと。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!