パター二刀流で勝負のアダム・スコット「若い頃のアダムに戻ったようだ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ノーザン・トラスト

  • 期間:2018年08月23日-08月26日、
  • 場所:リッジウッドCC(ニュージャージー)

パター二刀流で勝負のアダム・スコット「若い頃のアダムに戻ったようだ」

2018年08月25日11時55分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 J・ラブマーク -10
  B・ケプカ -10
3 A・スコット -9
4 D・ジョンソン -8
  B・デシャンボー -8
6 ショーン オヘア -7
  K・ツウェイ -7
  T・フリートウッド -7
  R・パーマー -7
  J・ベガス -7

順位の続きを見る

アダム・スコットの復調のカギは“二刀流パター”?

アダム・スコットの復調のカギは“二刀流パター”?(撮影:GettyImages)

ノーザン・トラスト 2日目◇24日◇リッジウッドCC(7,385ヤード・パー71)>

長いあいだ不振を極めていたアダム・スコット(オーストラリア)が、この日のベストスコア7アンダーをマークして、トータル9アンダー・首位と1打差の3位で決勝ラウンドに進む。

アダム・スコットの最新ドライバースイング【連続写真】

2週前の「全米プロゴルフ選手権」で優勝争いを演じ、復活を果たしたスコットは「あれでもっとハングリーになっている」と目を輝かせる。かつて世界ランキング1位に君臨した男が、今上昇気流に乗っている。「体は無理だけど、頭は若い頃のアダムに戻ったようだ」と、アラフォーを迎えてなお若々しいのは、気持ちが乗ってきているからだ。

加えて、好調を支えているかどうかは定かではないが、3週前の「WGC-ブリヂストン招待」の初日と全米プロの2日間で、パターを2本バッグに入れていたことも話題を呼んだ。長らく長尺パターを使い続けてきたスコットだが、2016年にアンカリング(パターの一部を体につけてストロークすること)が規制されたことにより、極度のパット不振に陥った。その後短尺も試し、さらに体につけずに長尺を使用。この不振はツアーでも有名な話だ。

「僕のバッグにクラブが15本入っていると思った同伴競技者もいたんじゃないかな(笑)」と話すスコット。ほとんどは長尺を使ってのラウンドだが、数度短尺も使うことがあるという。「この数カ月は短いパターで調整をしてきて、5から7メートルほどのパットがすごくよくなったんだ」。調整用とはいえ、パター二刀流が好結果に結びついている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!