プロデビューの地で躍動! 永峰咲希が4カ月ぶりのトップ10入り | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

  • 期間:2018年08月10日-08月12日、
  • 場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)

プロデビューの地で躍動! 永峰咲希が4カ月ぶりのトップ10入り

2018年08月12日17時00分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 黄アルム -17
2 申ジエ -15
3 松田鈴英 -14
4 永峰咲希 -12
5 李知姫 -11
  テレサ・ルー -11
7 小祝さくら -10
  原英莉花 -10
9 勝みなみ -9
  成田美寿々 -9

順位の続きを見る

永峰咲希は思い出の地で久々トップ10入り

永峰咲希は思い出の地で久々トップ10入り(撮影:村上航)

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇12日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,655ヤード・パー72)>

今年4月の「フジサンケイレディス」で悲願のツアー初優勝を飾った永峰咲希が、6バーディ・ノーボギーの「66」をマーク。トータル12アンダーにまでスコアを伸ばし、単独4位でフィニッシュした。

永峰咲希 前夜祭で魅せたフォーマルな装い

フジサンケイレディス以降、予選通過をするものの、トップ10入りが一度もなかった永峰。その原因は、梅雨時期にショットの調子を落としたことにあった。

「私の場合、手打ちをしちゃう悪いクセがあって、ボールを上からつぶすようにクラブヘッドを下していたんです。それだと少しでも手前をダフるとミスにつながりますよね。それが最近になってようやく横から払うようにヘッドを入れられるようになりました」と永峰。本来、ショットメーカーの彼女にとって、思うようにボールをコントロールできないことはストレスにつながっていたが、ショットの調子が上向いたことでストレスも小さくなってきたという。

「実は、4年前のこの大会でプロデビューを飾ったんです。8アンダーで18位タイに入り、初めての賞金(69万1600円)を手にした思い出深い大会なんですよね」。その後、10位タイ、15位タイ、50位と今大会で予選落ちは一度もなく、「ツアーの中でも相性のいい大会です」と笑顔を見せる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!