「自分たちの世代も"黄金世代"…追いつきたい」 ルーキーの肖像〜 沖せいら | NEWスター発見!2017年プロテスト合格者 特集

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアー関連コラム > 記事

「自分たちの世代も"黄金世代"…追いつきたい」 ルーキーの肖像〜 沖せいら

勝みなみら黄金世代の多くが合格した2017年LPGAプロテスト。近年で最も注目された今年、難関を突破した22名の個性を紹介する(取材・文/標英俊)

2017年10月25日

 
今年の合格者のなかで唯一、プロとしてレギュラーツアーフル参戦の経験を持っていたのは、沖せいら。2015年末のQTを1位突破し、2016年はレギュラーツアーフル参戦。2017年はステップ・アップ・ツアーを主戦場としたが、6月の『日医工女子オープン』で優勝争いをするなど、プロとして積んできたキャリアを活かし、意地の1位タイ合格を勝ち取った。

山口県に生まれた少女が、初めてゴルフクラブを握ったのは10歳の頃。「祖母の知り合いにティーチングプロの方がいらしたので、祖母の薦めで始めてみましたが…そのころはお遊び程度で実は全然興味がなかったんです」。その時点ではすぐに練習しなくなったというが、本格的に競技に入ったのは4年後の14歳。

「中学2年のときです。親戚の方にアジアンツアーに出場していた方がいて…そこで教えてもらい始めた時点が、本格的にプロを目指してやってみようかな、と思った時期ですね」

いまの20代前半〜半ばのプロが歩んできたキャリアと比べると、ずいぶんと遅いスタート。だが、中学3年時には『中国ジュニアゴルフ選手権』を制するなど、すぐにポテンシャルの高さを発揮した。中学卒業後は東北高校へ進み、その3年後は東北福祉大学へ進学。3年時には『朝日杯争奪日本女子学生ゴルフ選手権』で優勝を飾っている。

大学卒業後の2015年、初のプロテスト受験は辛酸を舐めた。3日目を終えて60位タイ。厳しい位置から上位をうかがわなければならない最終日に"84"を叩いて、最終ラウンドに進んだ選手のなかで最下位に転落。年末のファイナルQTでは1位となり注目を浴びたが、「贅沢ですが、テストに通った上でQTも通りたかった」と口惜しそうに話していた。

参考/QTトップ通過は沖せいら、一風変わった名前の由来は?

2016年は「レギュラーツアーに出場できる資格を持っていたので、経験をしたい気持ちが強かった」とツアー優先でプロテスト受験を回避したが、今年は「今後のゴルフ人生、選手としても、ティーチングに進むとしても、やはりライセンスは持っていたほうがいい」と2年ぶり2度目の挑戦。だが、本音は不安もあったのだとか…。「今年は"黄金世代"と言われた、名前が売れているアマチュアが多かったので、"いけるかなぁ?"という気持ちもあり、正直悩みました(笑)」。

初のレギュラーフル参戦では30試合出場中、予選通過は6試合のみ(最高順位は20位タイ)。「自信がついたとは言えませんよね」と語るように、10試合連続予選落ちを経験するなど、まさにレギュラーの壁に跳ね返された。今年はQTランク108位で、主戦場はステップ・アップ・ツアーとなったが、序盤はなかなか結果が出ず。だがプロテスト第2次予選から最終プロテストまでの期間で、ステップ3試合連続トップ10フィニッシュをするなど調子が上向きに。「この時期にステップで成績が良くなってきたことで、やっと(テストへの)自信がついてきましたね」としっかりと照準を合わせることができたのは、試合に出場している強みだったに違いない。

3年後の目標を聞くと「"安定した"シード選手。シードに入ったけど、翌年にはいなくなって…とかではなく、安定して活躍してシードを守れる選手になりたい」。人生の目標は「賞金女王になりたいですが…そんなに簡単になれる世界でない。でもそこを目標にモチベーションを上げていきたいと思います」。長くシードを獲得し、賞金女王を争える位置にいる選手…自分が理想とするキャリアを歩んできた先輩ゴルファーのなかで、目標とするのは佐伯美貴だ。

「東北福祉大学出身の先輩ということもありますし、同じ中国地方出身(※佐伯は広島出身)という共通点もあって憧れがあります。プレースタイルも好きですし、勝利数も多く、シード経験も長い。怪我から復帰しても活躍されていますし、プロゴルファーとしてのオーラを感じます」。ただ憧れの先輩とはまだ交流がなく、一度別の先輩経由でバーベキューの席をともにしたのみで「もともと人見知りなタイプですし、フレンドリーにはなかなかいけないんですよね」と恐縮してしまうのだとか…。

1992年生まれで今年25歳。92〜93年生まれのプロを見ていくと、成田美寿々、堀奈津佳、葭葉ルミ、青木瀬令奈、福田真未、東浩子ら…。すでに第一線で活躍してきた選手が多く、低年齢化が進む女子ツアーのなかではもう"若手"のカテゴリーではない。

「同級生はみんな活躍していますよね。自分たちの世代も"黄金世代"と言われていましたから。負けないように…追いつけるように、これから頑張りますよ」

沖せいら プロフィール

●所属/福岡センチュリーGC
●出身地/山口県防府市
●出身校/東北福祉大学(宮城県)
●生年月日/1992年9月25日
●身長/161cm
●血液型/AB型
●ゴルフ歴/14歳〜
●得意クラブ/ドライバー
●1W平均飛距離/230ヤード
●プロテスト受験回数/2回目
●好きな色/黄色、オレンジ、黒、白
●スポーツ歴/水泳、ソフトボール
●目標とするプロゴルファー/佐伯美貴

●ファンへのメッセージ/

ゴルフはひとりひとり選手の特徴があるので、いろいろな楽しみがあります。そのなかで私のプレーに興味を持って、観戦して頂けたら嬉しいですね。

●地元自慢してください!/

海が綺麗ですし、やっぱり魚が美味しいんかな?有名なものを挙げれば、フグ、はっさく…あと"瓦そば"はおすすめですよ。人気の観光スポットは角島。美しい景色が魅力なんです。
1

おすすめコンテンツ

現地直送! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
2021年度JLPGAプロテスト各地区結果
2021年度の「JLPGAプロテスト」がスタート。第1次予選A地区の結果はコチラ。
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
石川遼らが盛り上げる! 男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
【ガーミン APPROACH S42】開封から試打ラウンドまで徹底的にチェック
ゴルフをプレイする人向けの機能がたっぷり詰まったスマートウォッチ
御殿場アウトレットのおすすめゴルフショップ13選!
御殿場アウトレットをランキング形式でご紹介!ゴルファーにとっての利便性の観点から評価していきたいと思います!
【迷っていたらコレをチェック】ゴルフシューズアドバイザーがオススメするシューズ5選!
快適でストレスの少ないラウンドをサポートしてくれるシューズはこちら。
見るべきゴルフ系YouTubeは
ゴルフの世界もYouTubeは必須の情報源。そこで人気ゴルフYouTubeチャンネル仕掛け人におすすめを聞いた。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!