ジョーダン・スピース(Jordan Spieth) | 注目プロ名鑑〜選手ぺディア〜

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアー関連コラム > 記事

ジョーダン・スピース(Jordan Spieth)

2014年に大ブレークした米国の若きエース

2017年03月29日

プロフィール

 
(撮影/Getty Images)
ジョーダン・スピース
1993年7月27日生まれ、身長185cm、体重84kg。米国テキサス州ダラス出身。2012年プロ転向。
【用具契約】クラブ:タイトリスト、ボール:タイトリスト、ウエア:アンダーアーマー、シューズ:アンダーアーマー

戦績

【米男子ツアー年度別獲得賞金(ランキング)】
2010年 −
2011年 −
2012年 −
2013年 3,879,820ドル(10位)
2014年 4,342,748ドル(11位)
2015年 12,030,465ドル(1位)
2016年 5,538,470ドル(6位)

【優勝歴】米国男子ツアー通算9勝
2013年:ジョン・ディア・クラシック
2015年:バルスパー選手権、マスターズ、全米オープン、ジョン・ディア・クラシック、ツアー選手権
2016年:現代トーナメント・オブ・チャンピオンズ、ディーン&デュルーカ招待
2017年:AT&Tぺブルビーチプロアマ、トラベラーズ選手権、全英オープン

過去の全成績、プレースタッツはこちら!

人物

(撮影/Getty Images)
スピースがゴルフに出会ったのは1歳のとき。弟が生まれて忙しかった両親が、おもちゃのクラブを与えて遊ばせていたという。

少年時代はサッカー、野球、アメリカンフットボールと団体で競うスポーツも楽しんでいたが、最終的に選んだのはゴルフだった。全米ジュニアアマを二度制してテキサス大学に進学。オールアメリカン選出など華々しい活躍で、2012年には全米オープンでローアマにも輝いた。同年、プロ転向を果たす(1年で大学を中退)。

2013年シーズンには早くもPGAツアー初勝利(7月のジョンディア・クラシック)。2014年シーズンこそPGAツアーは未勝利だったが、マスターズで2位タイに入り新たなスーパースターの誕生を予感させた。

そして、迎えた2015年のマスターズ。3月のバルスパー選手権を制して乗り込んだスピースは初日から快進撃を見せ、2位に4打差をつける通算18アンダーで初優勝。まさに記録づくめ(※1)の衝撃的なVだった。

※1
●通算18アンダーは1997年のタイガー・ウッズとタイ記録
●最年少優勝者には届かなかったものの、1997年のウッズ(21歳3カ月14日)と同じ21歳(8カ月19日)で達成
●4日間で28のバーディは、2001年のフィル・ミケルソン(25)の記録を更新
●4日間首位を守る完全優勝は史上5人目
⇒関連/J・スピースが史上5人目の完全優勝!昨年のリベンジを果たす

スピースは続く全米オープンも制覇。メジャー2連勝も記録づくめ(※2)の快挙となった。

※2
●マスターズと全米オープンを同一年に制した最年少記録(それまでは2002年のタイガー・ウッズで26歳)
●マスターズと全米オープンを同一年に制したのは史上6人目
●22歳以前でのメジャー2勝は史上4人目
●1940年以降、22歳までにPGAツアー4勝を挙げたのはタイガー・ウッズに続き二人目
⇒関連/ジョーダン・スピースが史上6人目のメジャー連勝!松山は18位タイ

残念ながら全英オープンは4位タイに終わり年間グランドスラムの夢はついえたが、続く全米プロゴルフ選手権で2位となりワールドランキング1位の座も獲得。名実ともに世界ナンバーワンの選手となった。

語録・エピソード

2017年1月にはアンダーアーマーのシューズをプロモーションするために来日
両親はゴルフをしないが、父は大学時代に野球の選手、母もバスケットボールの選手だった。ちなみに身長189センチの弟もブラウン大学でバスケットボールの選手。

目上の人はすべて「ミスター」と呼ぶ。実に礼儀正しい人物として知られる。

キャディのマイケル・グレラーは元高校教師。2011年の全米ジュニアで優勝したときにタッグを組み、プロ転向をきっかけにフルタイムの専属キャディとなった。もともとスピースは「向こう10年間のうちにマスターズで優勝する」という夢を抱いていたが、グレラーの奥さんが「それまでキャディをやってあげれば」と背中を押したという。
⇒関連/21歳スピース、信頼する“右腕”にささげるメジャー2連勝

コーチは12歳のときからスピースを見ているキャメロン・マコーミック。豪州出身でテキサス州ダラスを中心にジュニアゴルフカーを育成してきた。2015年にはPGA・オブ・アメリカ・ティーチャー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

出会った当時、マコ―ミックが目標を聞いたところ「マスターズで優勝」と答えている。

特別なことがない限り、早くコースに入って状態をチェックするのが「チーム・ジョーダン」流。準備を万端に整えて大会に臨むスタイルで、世界ナンバーワンの座を勝ち取ったといえる。

プレースタイル

もともとは左利きだが、ゴルフだけは右。右利き、左打ちのフィル・ミケルソンとは逆のパターンだ。

ドライバーショットに特長がある。ショートアイアンのように左に大きく腰をターンしながら、左手甲を目標方向に出していく。方向性を追求した結果、独特のスイングが完成したが、本人は至って「普通のスイング」とコメント。なお、アマチュアに対しては「スイングする際に僕はテークバックで下半身をほとんど動かさない意識」とアドバイスしている。
⇒関連/ジョーダン・スピースが明かした 曲がらないコツとは?

ちなみにスピースの手は人よりも大きかったため、特にグリップを直す(当時は強烈なフックグリップ)際は大変だったとか。具体的にいうと今度は極端なウイークグリップになってしまったそうだが、今ではベストなスクエアグリップだという。

また、パッティング巧者として知られるスピースだが、ジュニア当時は「ひどかった」とコーチのマコ―ミックは振り返る。しかし、スピースが「クロスハンドを試してみたい」とトライしたところ、みるみるパッティングの技術が上がったという。

使用ギア

ドライバー:タイトリスト 915D2
15度:タイトリスト 915F
21度:タイトリスト 816 H2
4I:タイトリスト 716T-MB
5〜9I:タイトリスト 716AP2
52度:タイトリスト ボーケイSM6 Fグラインド
56度:タイトリスト ボーケイSM6 Sグラインド
60度:タイトリスト ボーケイSM6 Lグラインド
パター:タイトリスト S・キャメロン009
ボール:タイトリスト プロV1x
※2017年1月時点
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!