ゴルフ4大メジャー大会、全米オープンを大特集。ゴルフニュースやランキング情報を紹介。

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > 特集企画 > 全米オープン特集 > コース紹介

これがベスページ・ブラックだ!

2002年に初めて全米オープンを開催した州立公園内にあるパブリックコース「ベスページ・ブラック」。超難度のセッティングの中、初日首位に立ったのはやはりタイガー・ウッズだった。セルヒオ・ガルシア、フィル・ミケルソンといった実力者が必死で食い下がるも、結局タイガーは4日間首位を譲らず、ただ一人のアンダーパーで完全優勝を果たした。7年前、全米オープン史上最もタフなコースとさえ言われた「ベスページ・ブラック」がさらに難易度を増して最高峰の舞台となる。いったいどんなコースに仕上がっているのか、チェックしていこう。

前回開催された2002年
全米オープンではタイガーが4日間
首位譲らず圧勝!

全米オープン コース紹介

各ホールをクリックするとホールの詳細情報へ飛べます。

HOLE 1H 2H 3H 4H 5H 6H 7H 8H 9H OUT 10H 11H 12H 13H 14H 15H 16H 17H 18H IN
yardage 445 575 350 350 350 350 350 350 350 3600 445 575 350 350 350 350 350 350 350 3600
Par 4 5 3 4 3 4 4 4 5 36 4 3 5 4 4 4 3 4 5 36

OUT/3,649 YARDS/PAR35  IN/3,777YARDS/PAR35  TOTAL/7,426YARDS/PAR70

HOLE 1

430YARDS/PAR4

右ドッグレッグのホール。ドライバーでショートカットに成功すると、残りはウェッジで打つことができる。グリーンは幅が狭く、両サイドからのアプローチは難しい。

HOLE 2

389YARDS/PAR4

唯一400ヤード以下のパー4。短い上に左にドッグレッグしているので、多くの選手がレイアップしてくる。グリーンも比較的フラットでバーディが期待できるホール。

HOLE 3

232YARDS/PAR3

前回の全米オープンからティが新設され、最も長いパー3となったホール。グリーンは右手前から左奥へと斜めに細長い形状。実質的に奥行が狭まっているが、ドローヒッターには有利。

HOLE 4

517YARDS/PAR5

517ヤードと、7番のパー4(525ヤード)よりも短いパー5だが、巨大なバンカーがフェアウェイを分断し、ゆくてを阻む。景観と戦略性の面でベスページのハイライトの一つ

HOLE 5

478YARDS/PAR4

ベスページで最も難しいホールの一つ。打ち下ろしのティショットは左サイドのオークの大木を避けつつ右サイドのバンカーを越えなければならない。パーなら上出来。

HOLE 6

408YARDS/PAR4

フェアウェイの小高くなった丘の部分にレイアップするのが常道だが、左のバンカーを越えて丘を下ったところを狙う選択肢もある。成功すれば比較的簡単なアプローチでグリーンを狙える。

HOLE 7

525YARDS/PAR4

前回02年に距離が延長され、全米オープン史上最も長いパー4となった。ティショットは飛ばせるが、それでもセカンドはロングアイアンかユーティリティで、深いバンカーにガードされたグリーンを狙わなければならない。パーなら上出来。

HOLE 8

230YARDS/PAR3

打ち下ろしのパー3。前回の全米オープンでグリーンの右側を高くし、ボールが池に向かって転がるよう改造された。正確な距離感とスピンコントロールが要求されるホール。

HOLE 9

460YARDS/PAR4

前回の全米オープンで最も簡単なパー4であったため、大胆な改造が施された。ティグラウンドを約40ヤード下げ、左サイドにバンカーが新設された。

HOLE 10

508YARDS/PAR4

500ヤードを超える3つのパー4のうちの一つ。強い風にさらされる場所にあり、深くて巨大なバンカーが待ち構えるティショットは落としどころが難しい。パーなら上出来。

HOLE 11

435YARDS/PAR4

両サイドを固める深く巨大なバンカー群が印象的なホール。10番と同じように強い風にさらされる。グリーンは奥から手前に強い傾斜があり、ブラックコースの中で最も難しいとされる。

HOLE 12

504YARDS/PAR4

前回の全米オープンでは2番目に難しいホールだったパー4。左のクロスバンカーを越えるには260ヤード飛ばせば良いが、左からアゲインストの風が吹くのが厄介。バンカーの右に置くと長いセカンドを残す。

HOLE 13

605YARDS/PAR5

INで唯一のパー5。ティグラウンドを約50ヤード下げ、600ヤードを超える距離となった。しかし、手前のガードバンカーもグリーンから離れており、1、2打目をしっかり打てばバーディが十分狙える。

HOLE 14

158YARDS/PAR3

距離も短くパー3の中で最も簡単なホール。しかし、左手前の狭いエリアにピンが切られた場合、ウェッジでどこまで寄せられるかのエキサイティングな勝負が期待される。

HOLE 15

458YARDS/PAR4

距離は長くないが、グリーンが難しいホール。2つの段を持つグリーンは左奥から右手前に強く傾斜しており、2オンしてもまったく安心できない。

HOLE 16

490YARDS/PAR4

打ち下ろしのティグラウンドからはホール全体が見渡せ、あまり難しくは見えない。しかし、グリーンは両サイドにマウンドを持ち、これがアプローチとパッティングを難しくしている。

HOLE 17

207YARDS/PAR3

砂時計型のグリーンに打ち上げていくパー3。グリーンはティグラウンドからほとんど見えない上、深いバンカー群に囲まれている。グリーンは広いが、奥行がなく、グリーン面が乾くと距離感が難しくなる。

HOLE 18

411YARDS/PAR4

短く簡単に見えるが、勝負どころでティショットをレイアップするかドライバーを握るかによってはドラマティックな展開が予想されるフィニッシングホール。


PR

PR

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「ツアー選手権」組み合わせ
松山英樹がプレーオフ最終戦に出場。ツアー選手権初日の組み合わせはこちら。
「ダイクレレディースカップ」ライブフォト
ステップアップツアー「ダイクレレディースカップ」が今週開幕!現地から写真をたっぷりお届け
米女子ツアー「カナディアン・パシフィック女子オープン」組み合わせ
「カナディアン・パシフィック女子オープン」の組み合わせはこちら
川村昌弘らが出場!「スカンジナビア招待」組み合わせ
川村昌弘、宮里優作、谷原秀人が出場する欧州ツアー「スカンジナビア招待」の組み合わせはこちら。
「ファンケルクラシック」初日組み合わせ
国内シニアツアー「ファンケルクラシック」の組み合わせはALBA.Netでチェック!オジさんたちの熱き戦いを見逃すな!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!