国内女子ツアー最終戦
組み合わせ

顔のたるみが引き締まった!? 50代ゴルファーが話題の男性美容“ハイフ”を体験

ここ最近は“オトコの身だしなみ”として受け入れられてきている男性美容。ゴルフは屋外で行うスポーツとあって、直射日光や乾燥など肌へダメージも大きい。そのため、プロゴルファーのあいだでも肌ケア、美容クリニックなどで施術を受けるのは当たり前となっている。男性美容に興味はあるけれどよくわからない、なんて人に代わって男性編集部員が体験した。

2021年10月26日

「これならゴルコン(ゴルフ合コン)に行けるかも」。還暦間近のベテラン編集Kが、鏡を見てひとこと。周囲からの信頼は厚いが、冗談はあまり言わないタイプの編集Kがこんな発言をするなんて。今回体験したハイフ(HIFU)治療が、いかに効果的かが分かる。「頬のあたりが引き締まってシュッとした」とニヤニヤ。
 
ハイフの効果を実感
例えば、同窓会を兼ねたコンペ。「アイツ、ずいぶんおっさんになったな」、久しぶりに会った友人を見て思ったこともあるのでは。体型や毛量の変化もあるが、目元やあごといった顔のたるみも老けた印象を与える。

50代を超えた男性ゴルファーからは「あるがままに生きる」、「興味がない」など男性美容に全く関心がなさそうな声も聞こえてくる。日焼け止めも塗らないゴルファーも多いと聞くし、肌などの手入れをする人は多くないのかも。しかし、裏を返せば人がやっていないぶん、相手に差をつけることができる。

鮮やかな色の服がスリムな体型にとてもよく似合う、50代の女性ゴルファーSさん。美容関連会社の代表を務め、幅広い世代の男性ゴルファーを見る機会も多い。そんなSさんは、「男性は全員が美容をするわけではありません。だからこそ、ちょっとお手入れをするだけで同期や同級生、部下よりも若々しく、ワンランク上のオトコになります」と言う。

実は、美容に気を配るゴルファーは意外と多い。肌つやが良かったり、年齢の割にシミが少ない見た目の人に話しを聞いてみると、何かしら美容を取り入れている。ALBA.Net編集部にも、化粧水をつけるなどの手入れをしている人がいることも分かった。

少し気にかけるだけで差がつき、効果がすぐに実感できる美容があればやってみても良さそう。そんな美容メニューを調べたところ、顔のたるみを引き締める「ハイフ治療(以下ハイフ)」が良いとの書き込みを発見。さっそく、ハイフを受けに行ってきた。

頬や目元、アゴのたるみを引き締めてくれるのがハイフ

ハイフ治療ではこんな感じに顔へ照射していく
それで、ハイフって何?どうして引き締まるの?

そもそも皮膚は、肌を支える筋肉(筋膜:筋肉を構成する一部)や真皮層、脂肪が紫外線によるダメージ、老化などによってゆるみ、肌がたるんでくる。そのゆるんだ部分に対し超音波を当て、肌の表面(真皮)より奥のほうにある脂肪、筋肉(筋膜)周辺に熱作用を与える。この治療には、超音波を一点に集中させる、高密度焦点式超音波(HIFU)
マシンを使用するが、その超音波を当てることでコラーゲンが生成され、たるんだ部分が再活性される効果がある――。

聞きなれない言葉もならび、よく分からないかもしれない。かなり簡略して説明すると、皮膚の下にある真皮や筋膜に熱ダメージを与えて、肌の弾力を生み出すコラーゲンを新たに生み出す。そうすることで、たるんだ部分が若返り引き締まりやすくなる仕組み。

治療してくれた、美容皮膚科タカミクリニックの山屋雅美副院長は、「たるみもそうですが、加齢による悩みを理由に来院する40代〜60代の男性は年々増えています。ハイフを受ける40代以降の男性も多いですね」。

■ハイフ治療の詳しい説明(タカミクリニックHP)

顔が引き締まった!? 効果のほどは…

(写真左:施術前 右:施術後)
さっそく効果から見てみよう。一番効果が出るのは施術から2〜3カ月後だが、施術直後でも実感できるのがハイフ。施術直後の写真(左:施術前、右:施術後)では全体的に顔が引き締まり、ハリが出たのが分かる。頬が締まり、目から下の部分がすっきり。目の開きも施術前より大きくなったようだ。アゴのラインも少しシャープになった!?

施術を受けたあとは紫外線によるダメージを受けやすい。そのため、施術から数日間は、日焼け対策として日焼け止めを塗ることが欠かせない。冬場でも紫外線は降り注ぐため、ラウンドの予定がある人は、帽子をかぶるなど紫外線対策は万全に。

施術内容は?痛いの?

ハイフ治療器「ウルトラフォーマーIII」(画像:タカミクリニック提供)
<施術手順> ※診察から終了まで約1時間
1)診察
2)撮影(カルテ用)
3)照射する部分を冷却
4)マーキング(的確な照射を行うため)
5)ジェルを塗布し、超音波を照射(約30分) ※顔全体(あご下含む)の場合
6)マーキングを落とし終了

超音波を一点に集中させる、高密度焦点式超音波マシンを使うハイフ。同クリニックでは、様々な治療器を試し、痛みが感じにくい最新のマシンを使っている。

それでも施術時には多少の痛みが伴う。山屋副院長は、「あごの下、骨の近くは熱さや、響くような痛みを感じることがあります」。痛みを緩和するために、照射する部分を冷やし施術を進める。とは言え、ほとんどの人が麻酔なしでも受けられるとあって心配はなさそう。

照射する超音波は強いほど効果が期待できる。しかし、神経が多く走る口、目の周りは痛みを感じやすいため弱めに照射。顔にマーキングは、その部位を判別するためのものとなっている。
痛みがあると聞き「ちょっと怖い」と言い出す
右半分の施術が終わった段階で、顔の様子を見せてもらった。その途端、「変わってる!」と声を弾ませる編集K。「こんなに変わるなら、左半分も頑張れる」。意気揚々と左半分の施術を受けていた。


痛みの度合いについて編集Kに聞いてみると、「痛いと言うか熱かったけれど慣れてくる。でも、あご下はちょっと痛かった」。照射の感じについては、「電気シェーバーの表面が熱くなって、ぐっと押される感じ」と男性ならではの言い方で表現。

人によっては照射した部分に、筋肉痛のような鈍痛を感じることがある。施術翌日の編集Kは、「(照射された)感触が若干残っているけれど、電気シェーバーでヒゲを剃っても全然平気」だそうだ。“ワンランク上の男”を目指すには、少しの痛みは伴うのかもしれない。

男性美容は自尊心も引き上げる

編集Kは施術後、「わー、これは変わるね!」と自分の変化に興奮気味。「頬が引き締まった」と鏡を見ながら目を輝かせていた。

そんな姿を見て感じたのは、美容は見た目だけでなく、その人自身、いわば自尊心も引き上げる役割を果たしているということ。そんな様子を傍らで見ている側として、編集Kばかりが美しくなっていくのは納得がいかないが…。

同クリニックでは、2019年と21年の上半期では男性の受診が約2.3倍に増加したという。ほかにも、女性向けだった美容サロンが、男性専用サロンを新たに開くなんて話も納得。

気になる費用は?

顔全体(あご下含む) 初回 132,000円(税込)
目まわり(額含む)初回38,500円(税込)
※別途初診料 3,300円(税込)

効果が分かりやすいよう、今回は顔全体(あご下含む)をお願いした。

しかし、思うような効果が出るか分からず、いきなり10万円以上を支払うのはハードルが高いと感じるのは、もっとも。「顔全体を受ける方が多いですが、目元のたるみが気になるなど、目元のみを受ける方もいらっしゃいます」と、部位を限っての施術も、もちろん受けられる。

クリニックによっては価格が異なることがある。価格の違いについて山屋副院長は、「照射する回数、施術するのが医師か看護師かによっても価格に差があります。私どもでは平均600ショット照射。医師が責任を持って担当します」と説明してくれた。

オススメ度

費用:★☆☆☆☆:顔全体(あご下含む)ならば10万円を超え。初めて試すには、「高い」と感じるのが正直なところ。しかし、効果をすぐに実感できて、早ければ2カ月後に施術効果がピークに達して約6カ月間持続する。“1回で2度おいしい”のは魅力。
痛みの度合い:★★★☆☆:クリニックの人も「少し痛みはあります」と言うことから★3つに。施術後の変化を見ると、ちょっと怖いけれど、がんばろうと思える度合い。
時間:★★★★☆:個室ですべて受けられ、1時間程度で終了。
※評価は編集部による判断です


前回のシワ取り体験に続き、顔やあご下のたるみを引き締めるハイフを体験した編集K。施術前は懐疑的だったものの、「効果が薄れてきたら、継続して通いたくなる気持ちが良く分かる」と2回目にして男性美容に目覚めてきたようだ。

今回は、見た目だけでなく自分自身でも効果を実感しやすいハイフを取り上げた。最大の効果を感じられるのは2〜3カ月後。

緊急事態宣言も解除され、ことしは年末コンペも開かれそう。いまから施術を受ければ、効果が出はじめるのはちょうどその時期。「ショットの精度も良いけれど、顔付きも良くなった? 」なんて声を掛けられるかも。受けるには絶好のタイミング!?

体験してきた「美容皮膚科タカミクリニック」

美容皮膚科タカミクリニック 山屋雅美副院長
■美容皮膚科タカミクリニック
クリニックホームページ

1999年の開院以来、ニキビ・毛穴・シミ・しわなど34万人が来院する人気の美容クリニック。有名女性誌、男性誌に取り上げられること多数。同院オリジナルの施術、治療薬、院内処方コスメを追求、開発し、幅広い美肌治療を提供し続けている。

■住所
モンテプラザ/東京都港区南青山3-18-5 モンテプラザ2F・3F・4F[表参道駅徒歩3分]

■予約・相談用電話番号
03-5414-6000(10時〜20時)
 
 

Rankingトレンド人気記事 11/20-11/27

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧