石川遼が出場!
米下部ツアー予選会の成績

「勝負弱い」イメージを払しょくした、静岡での鬼退治【名勝負ものがたり】

歳月が流れても、語り継がれる戦いがある。役者や舞台、筋書きはもちろんのこと、芝や空の色、風の音に至るまでの鮮やかな記憶。かたずを飲んで見守る人の息づかいや、その後の喝采まで含めた名勝負の舞台裏が、関わった人の証言で、よみがえる。

2021年09月22日

 
今回は勝負師・青木功との一騎打ちを制し、それまでのマイナスイメージを一気に払拭した、牧野裕のストーリー。

1992年のダイドードリンコ静岡オープン3日目は雨が降る悪コンディションの中、70にまとめた36歳の牧野裕がトータル11アンダーで単独首位。2打差の2位には青木功ら実力者4人が続いていた。最終日は静岡カントリー浜岡コース名物の強風が吹き荒れるコンディション。試合は大詰めに向かうにつれ、逃げる牧野を青木が追う、マッチレースの様相を呈していく。

実はそれまでの牧野には「ここ一番の勝負での詰めの甘さ」を指摘する声が多かった。その声は本人の耳にも届いていたという。「1981年にプロ入りして1983年のポカリスエット白竜湖オープンで優勝してから、2勝目まで8年かかりましたから。1勝目よりも2勝目が難しいとよく言われますが、それを地で行くような感じですね。しかもその間は、いろいろありましたからね」。

いろいろあった8年を、牧野に代わって振り返ってみる。1985年、東名古屋の日本オープンでは中嶋常幸、青木功との最終組で回り、優勝した中嶋に2打及ばず惜しくも2位。特に厳しい経験が積み重なったのは1987年のシーズン。ペプシ宇部、ブリヂストンオープン、大京オープンと3試合でプレーオフ負け。「1年で3回プレーオフ負けは、たぶん他にいないと思う」(牧野)。それから2年後の1989年も日本マッチプレー選手権で決勝に進出しながら、ジャンボ尾崎に3&2で苦杯をなめた。

「賞金は稼げるんだけど勝てない、というのは周りからも言われるし、本人も自覚していた」日々が続く。その末の1991年、最終戦の大京オープン。3日目に「68」で回りブレント・フランクリンと並んでトップに立った牧野は、アウトを3バーディ、1ボギーで単独トップ。10番でボギーを叩き崩れかけながらも踏ん張った。11番からの8ホールをすべてスコアカード通りにまとめ、2位の奥田靖己とフランクリンに1打差をつけてついに2勝目をものにした。

「2勝目のジンクス」を8年がかりで克服し、牧野自身も呪縛から解き放たれたという。「サンディエゴオープンやLAオープンなど、米ツアーで実戦を経験する充実したオフを送って(92年の)シーズンに入ることができました。2勝目をできたことで、自分自身がかけていた足かせが外れた感じでしたね」。

2勝目という目標がクリアできた牧野にとって、残された課題は「勝負強さ」をライバルたちに見せつけること。そのチャンスが、開幕3戦目の静岡オープンで早くも巡ってきた。

13番からは牧野、青木、横山明仁が11アンダーで並んでいたが、16番、594ヤードのパー5で、牧野が5メートルをねじ込んでバーディ。1ストローク抜け出し、横山がボギーを叩いたことで事実上脱落。1打を追う青木との激戦となった。

すでにこの時、牧野はシードを9年連続維持しており、ツアープロとしての足場は築いていたが、そのソフトなイメージが災いし勝負師のイメージからは程遠かった。かたや青木はツアー屈指の勝負師。1978年には英国ウエントワースで行われた世界マッチプレー選手権を制し、日本プロマッチプレー選手権は78、79年と1981、82年と2度、連覇。「マッチの鬼」の代名詞をほしいままにしていた。両極端のキャラクターを持つ2人による一騎打ちを、ギャラリーもかたずをのんで見守った。

「当時の強い青木さんですから、威圧感もありました」。プレッシャーを感じながらも、牧野が粘る。17番でグリーンを左に外して自らピンチを生んでしまったが、2.5メートルのパーパットを決めてパーセーブ。トータル12アンダーで、青木を1打リードしたまま最終ホールを迎えた。

377ヤード、打ち上げのパー4。しかし最後の最後で試練がやって来た。18番のティショットを打った瞬間、牧野は肝を冷やすことになる。ドライバーから放たれたボールは大きく左へと飛び出し、林の中へと飛び込んでいった。その先には深い谷が、大きく口を開けて待っていた。

「カーン!」ボールが木を直撃した音だった。次の瞬間、誰もが驚きの光景を目にすることになる。ボールは右へと大きくはね、フェアウエーへと戻ってきたのだ。牧野はこの後の2打目をグリーンの手前まで運び、アプローチを1.2メートルにピタリと寄せる。

青木はすでにパーで外せばプレーオフ。静まったグリーンに「カッコーン!」という心地よい音が響いた。前年の最終戦で挙げたツアー2勝目に続き、牧野が開幕3戦目でのツアー3勝目をものにした瞬間だった。勝負強さが売り物の青木とのつばぜり合いを制し、牧野にまとわりついていた「一発勝負に弱い」という、マイナスイメージも一気に消え去った。

当時を振り返って、牧野が言う。「72ホール目のティショットもラッキーでしたが、あの試合は3日目も4番(557ヤード)のパー5でも幸運に恵まれた」。このホール、2オンを狙ったショットは、右の池に向かって一直線。ところがボールは池の左端に合った石に当たって左にはねて、九死に一生を得た。見事パーを拾っている。

「最終的には青木さんに1ストローク差。まさに首の皮一枚つながっての優勝でした。勝つためにはツキも大事だな、と実感した一週間でしたね」。

勝てなかった8年間が、すべて不運続きだったわけでもない。優勝には幸運が必要だが、その幸運を生かすことができず、結局勝てないままの選手も少なくない。何度も優勝を逃しながらも、あきらめずにチャレンジを続けた8年間の経験が、ここ一番で生きたのは間違いない。

実は静岡オープンの2日目は、1991年3月20日に生まれた長男圭吾君の、2歳の誕生日でもあった。新米パパ・牧野が長男に贈るバースデープレゼントにもなったわけだ。

この年は5月のフジサンケイクラシックでも、2位の藤木三郎に3打差をつける完勝で史上19人目の3億円プレーヤー入り。長年の辛抱が大きく実を結び、10年シードも獲得した。この時すでに、牧野の「勝負強い」イメージがファンにも、ライバルたちにもすっかり浸透していた。イメージは自分の力で変えるもの。勝負の世界に生きる者の厳しさを、牧野の演じた名勝負が教えてくれている。(文・小川朗)
 
 
このページの上部へ

ツアー情報メニュー

Rankingツアーコラム人気記事 10/18-10/25

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧