マジック★ゴルフメソッド|青木翔 #2 明暗を分けるクラブ選び

渋野日向子をプロテスト合格前から2022年まで指導していた青木翔が、アマチュアゴルファーのために3か月間上達プログラム「半径1.5mアプローチ特化計画」を全12話に渡って公開。

2022年06月29日

【動画】青木翔 寄せるための土台となるノーマルアプローチ

2回目となるプログラム内容はクラブ選択について。花道からのアプローチで“使わない方がいい”クラブはサンドウェッジだという青木翔。番手を決める際の判断基準を伝授。(撮影日:2022年5月23日)。
話数3か月で上達!青木翔 半径1.5mアプローチ特化計画
#1寄せるための土台となるノーマルアプローチ
#2明暗を分けるクラブ選び
#3振り幅では身につかない!? 距離感の作り方
#430・40・50ヤードの中途半端な距離を極める
#5左足上がり・左足下がり 傾斜の難しさを“消去”するアプローチ
#6ツマ先上がり“インサイド・アウト軌道”が寄る!
#7浮いたラフは “インサイド・アッパー”で寄る!
#8まだカット打ち?バンカーはインサイド・インで寄る!
#9バンカー越えと奥からのアプローチ
#10ユーティリティが活躍する状況
#11エッジから近いアプローチ
#121.5m以内のショートパットを決めきる
青木翔(あおき・しょう)プロフィール|1983年3月28日生まれ。福岡県出身。2011年よりジュニアゴルファーの育成に乗り出し、『AOKI SHO GOLF ACADEMY』を開く。ツアープロコーチとして、渋野日向子、三ヶ島かならを指導してきた。現在も亀代順哉らのツアープロを指導している。
 
 
このページの上部へ

ALBA Movies

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧