渋野、古江が出場!
米ツアー予選会の成績表

【第10回】西村優菜の“ザ・レッスン” ドライバーのスライス撲滅♯2「ボールは視線でつかまえる」

ドライバーでスライスする人の多くは、前傾角度が起き上がり、インパクトで体とフェースが開いてしまっている。わかっていてもなかなかすぐには直せない。どうやったらつかまった球が打てるのか。ドローボールを得意とする西村優菜に、“視線”で体の開きを抑えて前傾角度をキープする方法を聞いた。

取材協力/花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース 撮影/田中宏幸

2021年10月15日

ボールの右斜め上を見ると、体が開かない

 
ボールの右斜め上を見ながら振り抜くと、下半身を止めずに体の開きが抑えられる
体が早く開いて目標を向くと、ボールがつかまらずにスライスが出る。私はドライバーで体の開きを抑えるために、実際に打つボールの右斜め上を見ながら振り抜くようにしています。

体が開かないように強く意識すると下半身が止まりがち。それだと今度はフックに。ボールの右斜め上を見ながらスイングすると、下半身はスムーズに動き、上半身はちょっと右を向いた状態で振れると思います。視線を変えるだけで、ボールをつかまえることができるんです。

インパクト直後まで、左目でボールを見る

ボールの右斜め上を見ながら打つのが難しい人は、インパクト直後まで左目でボールを見るように意識してみよう
ボールの右斜め上を見るのが難しかったり、どうしてもダフってしまう人は、左目でボールを見るようにすると体が早く開くことはありません。日本人の多くは利き目が右なので、無意識に右目でボールを見ている人がほとんど。右目でボールを見ていると、ヘッドアップして体が開きやすいんです。だからあえて、インパクト直後くらいまでは左目でボールを見るようにすると、ヘッドアップせず体の開きを抑えられます。

斜めに景色を見ると、前傾角度が崩れない

前傾角度がキープできていると、視線も景色も斜めになる
   
アドレスで作った前傾角度がインパクトで起きてしまうと、手元が浮いてフェースが開き、スライスします。良いアドレスができていても、つかまったドローボールは打てません。ここでも視線がポイント。前傾角度がキープできていれば、飛んでいくボールをちょっと斜めに見ていく感じになると思います。

つまり、前傾角度が起き上がる人は、普通に立っているのと同じように景色は真っすぐに見える。景色が斜めに見えていれば、前傾角度が保てているので、ドローボールが打ちやすくなるんです。フォローからフィニッシュにかけて、なるべく下から斜めに景色を見るイメージを持ってください。

【ドリル】足を閉じて打ち、ドローボールの感覚を掴む

視線を意識しながら、足を閉じて打つことで、つかまったドローボールの感覚を作っていく
スライスに悩んでいた人が、いつものスタンス幅でいきなりドローボールを打つのは難しいと思いますので、最初は足を閉じてボールを打つ練習をしてみましょう。そのときも、インパクト直後までボールの右斜め上か、左目でボールを見て、フォローで斜めに景色が見えるように意識します。

それに、この練習では体重移動を考える必要がないので、自分の胸の前でクラブを振る感覚を作りやすいんです。慣れないと当てるのもなかなか難しいと思いますが、胸の前に腕が通り、つかまったドローボールが出るようになると、スタンスを広げたフルスイングでも、同じイメージで打つことができますよ。

西村優菜のドライバー正面連続写真

   
■西村優菜
にしむら・ゆな 2000年8月4日生まれ。大阪府堺市出身。アマチュア時代は、同い年の古江彩佳、吉田優利、安田祐香とともにナショナルチームで活躍。2020年にプロデビューすると、「樋口久子 三菱電機レディス」でツアー初優勝、翌21年には国内メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で早くも2勝目を挙げた。憧れの選手は15年全米女子覇者のチョン・インジ(韓国)。西村のプレー中の笑顔や、ゆったりとしたスイングリズムは、インジを見習っている。

■西村優菜 プロフィール&成績
■西村優菜 特選フォトギャラリー
最新のゴルフ雑誌ALBAの購入はこちらから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2021年 11/25号 [雑誌]
価格:689円(税込、送料無料) (2021/11/10時点)


 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧