国内女子ツアー
ライブフォト実施中

【90切り】アプローチのザックリ対策はハンドファーストで始動する

90を切るには、パーオンを逃がしたホールでいかにパーを拾うかが大事。難しいライなら確実にグリーンに乗せ、花道などのやさしいライからは1パット圏内に収めたい。アプローチのザックリに悩まされている人は始動を意識しよう!

2020年04月15日

飛ばす必要がないのでヘッドの動きを小さくする

 
コックを使って上げずに、ヘッドを置き去りにするくらいのつもりで、ハンドファースト始動する
クリーンにヒットしやすいハンドファーストインパクトを迎えるには、始動が大事になります。20ヤード以内のアプローチならヘッドの動きは小さくていい。だから、ヘッドを置き去りにするくらい、手を使わずに上げてみましょう。するとインパクトではハンドファーストの形が作りやすくなるのです。「始動もハンドファースト」と覚えてください。

上げるときも下ろすときも手元を先行させる

バックスイングとダウンスイングで手首は逆の動きをしやすい
手首のコックを使ってヘッドを上げると、ダウンスイングではヘッドを戻そうとして、ヘッドの刃から地面に刺さってしまいます。バックスイングでも手元を先行させてヘッドが後から上がるようにすると、ダウンスイングでも手元が先行してヘッドが後から下りてくる。するとソールが地面の上を滑って、ザックリしなくなりますよ。

(この記事は2019年2月28日発売のALBA767号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
坂本龍楠
さかもと・りゅうなん/ 81年生まれ。神奈川県出身。大学からゴルフをはじめ、オーストラリアへゴルフ留学。2011年にPGAティーチング資格を取得した。YouTubeの『ゴルフレッスン動画ティーチングプロ坂本龍楠』も要チェック
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧