「デサントL東海C」
組み合わせ

ドローボールの打ち方とは?○○を後ろに向けるだけでOK!【動画コラム5回目】

今回の話は、ドローボールを簡単に打てる打ち方のお話をお届けします

2017年03月31日

生徒さんはみんなドローボールを打ちたいと話す

こんにちは。
右手のゴルフの片山晃です。

私が教えてきた生徒さんに、どんなボールが打ちたいですか?
と聞くと、必ず「ドローボール」という答えが返ってきます。

その理由は、皆さんスライスばかり打っているからなんですね。実はドローボールは打ち方さえ覚えてしまえば、簡単に打てるんです。

あなたはドローボールの打ち方を知らないだけ

スイングをタメたり左手を使うとスライスする

 
ダウンスイングで右に胸が向いているかが大切
 ドローボールを打つ為には、クラブのヘッド軌道が『インサイドアウト』軌道であることが絶対です。その上で、ヘッド軌道よりもフェイスが閉じていれば、ボールにドロー回転がかかり、ドローボールになります。

 このインサイドアウトの軌道で打つ為に大切な事は、胸の向きです。ダウンスイングで胸が後ろを向いていれば、インサイドアウト軌道でスイングする事ができます。

それは何故か?

 ダウンスイングで胸が後ろを向いていると、右足の前辺り、右サイドに大きなスペースが出来ます。そのスペースでしっかりと右手をターンしてあげると、クラブは勝手にインサイドアウトに振れてしまいます。インサイドアウトに振ることが出来れば、ナチュラルなドローボールを打つ事ができます。
 
 
このページの上部へ
ゴルフ何でもアンケート
プレゼント付きアンケートやゴルファー意識調査など! ふるってご応募ください。