83.8%のFWキープ率がさらにUP!? 古江彩佳が『B3 SD』投入で「曲がり幅が確実に少ない」

  1. 古江彩佳が『B1』⇒『B3 SD』へ1Wを変更!

     

ニッポンハムレディスクラシック 事前情報◇6日◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇6763ヤード・パー72>

ブリヂストンからツアーレポートが届いた。「契約する古江彩佳が新作『B3 SD』ドライバー投入を即決しました」という。今シーズンは1月から米国女子ツアーに参戦し、2週後の「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」を前に一時帰国して8カ月ぶりの国内戦に臨む古江。

これまで『B1』ドライバー(SPEEDER TR 569)を使用して米国女子ツアーのFWキープ率で堂々8位、持ち球のドローを操り83.8%もの高い数字をキープしてきたが、『B3 SD』(スピーダーNX50S、ポジション:L)へ移行。名の『SD』とはストレートドライブの略で、カーボンモノコックボディ採用で生まれた余剰40gをヘッド内部後方に集中配置し、軽量ながら高MOIを達成したヘッドだ。

▶▶▶第3の「B」現る。カーボンモノコックのブリヂストン『B3』ドライバー、7月29日デビュー

古江は「ドローボールの曲がり幅が確実に少なくて、弾道が安定しています。コースで今使っているドライバーと比較したら、1ショットだけの数値ですが8ヤードほど飛んでいました。球がより高くてキャリーが出てます」とプロ担当に反応。ソールの前寄り左右に鉛調整も見られるが、MOI5,000g・cm2以上の“差”が確実に弾道変化をもたらした。

また「構えたときに全体的に丸く見えて、形状がやさしい印象。フェースが小さく締まって見えるので、インパクトでフェースのどこに当てればいいのかをイメージしやすい」というのも即決した理由のひとつ。以前、同社は軽量の『B3』シリーズ(SD、DD共に)に関して、こんなことを言っていた。

 
 
 

ブリヂストン問い合わせ先

  • ブリヂストンスポーツ株式会社 TEL:0120-116-613
ギア情報メニュー

ALBA Movies

Rankingギア人気記事 8/10-8/17

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧