しなやかな振り心地。三菱ケミカル『ディアマナGT』、9月上旬デビュー

  1. 三菱ケミカル『ディアマナGT』(44,000円、9月上旬発売)

     
  2. 片山晋呉、藤田寛之らが使用する『ヴァンキッシュ』とも打ち比べると?

     

4日、三菱ケミカルが新商品試打&発表会を都内練習場にて行った。発表されたのは、『ディアマナZF』の後継作、『ディアマナGT』(税込44,000円)で、9月上旬から発売される。

「クラブトレンドを踏まえ進化を続けるDiamana第5世代の3作目として、よりダウンスイング時の加速感を向上させた『GT』が新登場。先端の強靭さでヘッドのブレを低減する特徴をいかしながら、手元剛性も高めることで中間部のしなりをより感じやすくする【剛性分布の最適化】に着目しました。安定性の高さから思い通りの弾道を描きながらも、スピーディーなしなり戻りでオートマチックに振り抜ける最新設計です。

今作でも第5世代の共通コンセプトである重量・バット径の最適化を実現。あらゆるスペックでも一貫したフィーリング・性能を体感することができるため、精密で的確なフィッティングを可能とします。シャープな印象を与えるIP仕上げのシルバーグラデーションに加え、メインロゴには贅沢にホログラムを使用することで高級感溢れるデザインとなっています」(同社広報)

■パリパリな『ZF』が、『GT』はしなやかに

記者(HS47〜50m/s)もプロギア『RS JUST』の10.5°装着で『ディアマナGT』の各スペックを打ってみた。担当者から「ZFの後継で手元と先端剛性が高い中元調子ですが、しなやかな振り心地を感じて頂けるはず」と案内される。60S、60X、50S、50Xを中心に打ったが、いずれも中弾道・低スピンフェードが出やすく、左へ行かない強い球がネットに突き刺さった。前作『ディアマナZF』はジャスティン・トーマスらが使用するが、記者には表面のパリパリさがややハードに感じたのが正直なところ。

ところが、第5世代の特徴とも呼べるのか、後継の『ディアマナGT』はたしかにパリパリ感を必要以上に感じることなく、なめらかに・しなやかに切り返せるフィールだった。それでいて、しなり戻りは高速なのに、左にいかない不思議な性能。他のテスターの結果を見ていても、素早く切り返す人、ゆったり切り返す人の両方が曲がりの少ない中・高弾道をネットに突き刺していた。曲がりへの強さ、しなやかな切り返しフィールからして、かなり万人受けしそうで、色味もシルバーでどんなヘッドにも合いやすく、高級感も満点だ。

 
 
 

三菱ケミカル問い合わせ先

  • 株式会社エストリックス TEL:03-3851-8101
ギア情報メニュー

ALBA Movies

Rankingギア人気記事 8/10-8/17

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧