PINGの操れる飛び系。“ちょいブレード”『i525』アイアン、2月18日デビュー

  1. “ちょいブレード”こと、PING『i525』アイアン(28,600円〜、2月18日発売)

     
  2. オフセット具合は、番手別でフローさせています

     
  3. 契約プロたちも既にテスト済みで「アイアンが飛ばない人に合う!」

     
  4. スコアラインの本数が前作より+5本!

     

PINGがオンラインにて新商品発表会を開催した。発表されたのは、2月18日発売予定の『i525』アイアン(スチール28,600円)で、飛び系ブレード『i500』の後継作に位置づけられて寛容性を増した7Iロフト29度の“ちょいブレード”とのこと。

特徴は、池の真上に切られたピンを高弾道で狙い打てる、進化した中空構造となる。従来の“ブレード”の常識では、「飛ばない」「球が上がらない」「ミスに弱い」という声も多かったが、PINGの中空構造は独自の打ち出しが高くなるもので、高弾道と長距離を作りやすくなる。(最高到達点は前作の+2%)

「高強度で極薄フェースを可能にしたマレージングC300フェースと進化した中空ヘッド構造で、最大の初速とキャリーを実現。フェースのたわみが増すアンダーカット・ソールで、アイアンに求められる高弾道を可能に。さらに、インパクト時に発生する振動を抑制することで、心地良い打感と打球音を生み出します」(同社)

また、飛び系といいつつも、ブレードらしい操作性をキープ。3〜5Iのロング番手はオフセットを強めてつかまりをキープ。6〜9Iのミドル番手はちょいオフセットで操作性に優れ、PW&UWは小顔なストレートフェースでライン出しがしやすくなる。

「番手別のオフセット設計に、ブレード並みの操作性を誇る、こだわりのヘッド形状。疎水性の高い仕上げに加えて、理想の摩擦力を生むマイクロマックス・グルーヴを初搭載し、雨天時やラフからのフライヤーを抑制します。前作より幅広いソールと重量周辺配分された高MOIヘッドで、ミスヒットに強いことも特徴です」(同)

前作『i500』のスコアラインは13本しかなかったが、今回の『i525』は18本と、5本も多くなっており、摩擦力とスピン量を高め、さらなる操作性であらゆる状況で狙いやすくなる。加えて、5%のMOI向上により、上下左右のブレが前作比で17%も減らせる結果も出ているとか。なお、既に同作を試した契約プロたちも『i525』について下記のように話している。

 
 
 

PING問い合わせ先

  • ピンゴルフジャパン株式会社 TEL:048-437-6500
ギア情報メニュー

ALBA Movies

Rankingギア人気記事 5/19-5/26

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧