金谷拓実、川村昌弘が出場!
欧州スコア速報

ヤマハ『RMX VD』アイアン投入の片山晋呉。決勝から変更のワケとは?

  1. 片山晋呉、『RMX VD』の部分投入の理由は「高い球が打てるから」(撮影:上山敬太)

     

ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇2日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

国内男子ツアーの最終戦「日本シリーズJTカップ」初日、片山晋呉が1アンダーの9位発進。先週の決勝ラウンド(3日目)からヤマハ『RMX VD』アイアンへ変更をしたが、7・8・9番アイアンが『RMX VD』で、PW・AWはこれまで使用のスリクソン『ZX5』と、部分投入となっていた。

【関連リンク】▶▶▶契約フリーに“ヤマハ・バブル”発生!? 『RMX VD』ドライバー、アイアン使用者現る

理由は「今週(日本シリーズJTカップ)の砲台グリーンのために、高い球が打てるから」。異例の3日目からの投入となった理由は「初日から入れるのはキャディに止められて、予選を通ってからとなった」とのこと。試合中のクラブ変更も厭わず、トライアンドエラーをしながら成績につなげる柔軟性は、さすがの一言。

『RMX VD』アイアンには、どんな特徴があるのか? ヤマハに聞いた。

「小さなヘッドに寛容性を詰め込んだ、クロモリ鋼のオールラウンドモデルです。ヘッドサイズは軟鉄鍛造の『RMX VDツアーモデル』とほぼ同じで、操作性に優れ【小さいヘッド=難しい】というイメージを払拭する、慣性モーメントも保持しています。操作性と寛容性を両立させ、打感を含む最高のバランスを目指しました」(同社広報)

 
 
 

ヤマハ問い合わせ先

  • ヤマハ株式会社 TEL:0120-808-562

ALBA Movies

Rankingギア人気記事 1/21-1/28

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧