ZOZOチャンピオンシップ
最終結果

PGAツアー2020-21シーズンが終了。51試合中、最多勝ドライバーは?

  1. 年間王者はパトリック・キャントレー。新人王はウィル・ザラトリス。2人ともタイトリストの総合契約です!(撮影:GettyImages)

     
  2. PING勢は12勝。トニー・フィナウも待望の2勝目を『G425 LST』で挙げています!(撮影:GettyImages)

     
  3. 1月にキャロウェイに移籍し、待望のメジャー制覇をはたしたジョン・ラーム。『EPIC SPEED◆◆◆LS』ですね(撮影:GettyImages)

     
  4. 最多勝ドライバーテーラーメイド『SIM』でメジャー獲りをはたしたコリン・モリカワの躍進も印象に残ったシーズンでした(撮影:GettyImages)

     

アクシネットジャパンインクから、先だって全日程を終了した2020-21のPGAツアーにおけるダレルサーベイ社調べのツアーレポートが届いた。「タイトリストのドライバーは51試合中、最多の15勝を獲得し、最も近い競合他社の12勝を上回りました。アイアンも12勝で同率1位の優勝回数でした」(同社広報)

気になって、優勝者のドライバーを調べてみると、たしかに1位はタイトリスト。2位がPINGの12勝、3位がキャロウェイ(11勝)、4位がテーラーメイド(10勝)となっていた。下に内訳を挙げてみよう。

▶▶▶タイトリスト『TSi3』『TSi2』シリーズ大激論。「コレだけは、色々マズい……」
▶▶▶タイトリスト『Tシリーズ』のアマ試打レポ。金メダルは『T200』! 銀『T100S』、銅『T100』

■メーカー最多勝―――タイトリスト(15勝)
7勝『TSi3』(★パトリック・リードマックス・ホーマ、★ビリー・ホーシェルジョーダン・スピースキャメロン・スミスガリック・ヒーゴキャメロン・デービス
5勝『TS3』(パトリック・キャントレー
3勝『TSi2』(ロバート・ストレブマット・ジョーンズ、★ルーカス・グローバー

■メーカー別2位―――PING(12勝)
4勝『G425 LST』(ビクトル・ホブランジョエル・ダーメンキャメロン・チャンプトニー・フィナウ
3勝『G410 LST』(スチュワート・シンクマーティン・レアードシーマス・パワー
2勝『G400』(ハリス・イングリッシュ
1勝『G425 MAX』(スチュワート・シンク
1勝『G400 MAX』(カルロス・オルティス
1勝『G400 LST』(ハドソン・スワフォード

■メーカー別3位―――キャロウェイ(11勝)
3勝『EPIC SPEED◆◆◆LS』(キム・シウージョン・ラームエイブラハム・アンサー
1勝『EPIC SPEED◆◆◆DS』(マーク・リーシュマン
1勝『EPIC SPEED◆◆◆』(ブランデン・グレイス
1勝『EPIC SPEED◆◆◆PROTO』(フィル・ミケルソン
1勝『EPIC MAX LS』(イ・キョンフン
1勝『MAVRIK』(サム・バーンズ
1勝『EPIC FLASH』(エリック・ヴァン・ローエン
1勝『GBB EPIC』(ケビン・ナ
1勝『GBB』(ケビン・キスナー

 
 
 

タイトリスト問い合わせ先

  • アクシネット ジャパン インク TEL:0120-935-325

Rankingギア人気記事 10/18-10/25

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧