松山英樹V!
ZOZO選手権の最終日ハイライト

『Mizuno Pro 221 / 223 / 225 / FLI-HI』、『T22』ウェッジ、10月15日デビュー

  1. ミズノ『Mizuno Pro 221/223/225/FLI-HI』(10月15日発売)

     
  2. デニムカッパー仕上げ(左)を追加した、ミズノ『T22』ウェッジ(同)

     

14日、ミズノがYoutubeライブで新商品発表会を行った。発表されたのは『Mizuno Pro 221/223/225』アイアン、アイアン型UT『Mizuno Pro FLI-HI』、『T22』ウェッジで、いずれも10月15日に発売される。

■打感と飛距離を両立する『Mizuno Pro 223』

今作3機種のうち、中間に位置づけられるのが「エリートプレーヤーズキャビティ」を標榜して開発された『Mizuno Pro 223』だ。エリートプレーヤーが望む操作性と打感の良さを維持するコンパクト&シャローキャビティに飛距離性能を加えた。秘密は新技術「フローマイクロスロット構造」と呼ばれる、4I〜7Iに掘られた溝。

高弾道を求める4Iは溝幅が広く、5、6Iはトゥヒールが狭く打点ブレに強さを求める溝で、7Iは飛距離の階段が作りやすい幅狭な溝。4I〜7Iはクロモリ鋼フェースで反発の良さでラクに飛距離を作り出せる上、打感も両立させた。8I〜PWは軟鉄(S25CM)鍛造で、こちらは下の番手にいくほどコンパクトな形状で、ウェッジとの繋がりにも配慮。1つのセットでクロモリ鋼フェースと軟鉄鍛造が共存する珍しい提案となった。

■米国で大ヒットした中空の『Mizuno Pro 225』

もう一つの目玉作と言えるのが、一見するとマッスルバックに見える、同社の鍛造アイアン史上最高反発を達成した『Mizuno Pro 225』だ。米国で大ヒットした『MP-20 HMB(ホットメタルブレード)』の二代目が日本にも導入される。こちらは、4I〜8Iがクロモリ鋼フェース+タングステン+ステンレスの中空構造(※8Iのみクロモリ鋼フェース+ステンレス)。

 
 
 

ミズノ問い合わせ先

  • ミズノ株式会社 TEL:0120-320-799

Rankingギア人気記事 10/19-10/26

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧