国内男子ツアー
組み合わせ

44歳の大山志保、選手権のパーオン率1位。パターも自ら購入のプロギア製!?

  1. 44歳の大山志保の闘志あふれるプレーは、ゴルフファンに勇気を与えます。パターはプロギア『SB α-03』でした(撮影:福田文平)

     
  2. 並み居る若手を抑えて「選手権」のパーオン率1位に!PING『i200』を操ります

     
  3. 稲見も尊敬する大先輩とのプレーに心から楽しんでいる様子。大山も「稲見さんはオンとオフの切り替えがうまい」と称えます

     
  4. ドライバーやウッドもPINGを使用していました。平均飛距離も245.75yと衰え知らず!

     

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇12日◇静ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇6680ヤード・パー72>

44歳の大山志保が5バーディ・2ボギーの「69」とスコアを伸ばすもトータル14アンダー。惜しくも3位で4日間を終えたが、1400万円を獲得して賞金ランク42位に浮上、来年の賞金シードに大きく前進した。何度も“らしい”ガッツポーズが観られ、解説の森口祐子も感動した様子でその勇姿を幾度も讃えていた。

【関連リンク】▶▶▶夢から覚めた池ポチャ… 大山志保はメジャー制覇ならずも優勝者に最大級の賛辞「稲見さんはスキがなかった」

大山自身、「収穫の多い一週間でした。まだまだいいショットが打てるし、もっと練習していけば上を目指していける気持ちにさせてくれた大会。難しかったコースが自分を成長させてくれるし、若い選手たちの刺激がまた強くしてくれると思います」と手ごたえ十分。「プロである限りは優勝を目指してやっていきたい」。

冴えわたったアイアンショットは4日間で「83.33%」と、並み居る若手を抑えてパーオン率1位に。(PING『i200』を使用)また、プロギアシルバーブレードα03』を使うパッティングも序盤から絶好調。出だしの1番でバーディを奪うと7、8番で連続バーディで同組の稲見に追いつき、その時点で首位に並ぶ。

が、9番パー5で落とし穴が。右ピンに対して池越えの2オンを狙うも、転がって池。ボギーでしのいだが、稲見との差は2打に。その後10、13番と伸ばしたが、稲見がバーディを重ね、最終的には5打差をつけられた。「うれしい気持ちと悔しい気持ちが半々ですね。いいショットを何回も打てたのがすごく楽しく、私もまだまだレベルアップできるんだなと思えました」と、大山。

 
 
 

プロギア問い合わせ先

  • 横浜ゴム株式会社(プロギア) TEL:03-3436-3341

Rankingギア人気記事 10/09-10/16

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧