女子ファイナルQT
最終結果

【元ツアーレップが解説】スピーダーNXはこんな人に合う! 

  1. 鮮やかなブルーのコスメがまぶしい『スピーダーNX』(撮影:ALBA)

     
  2. 試打をした片岡は「非常にバランスのいい」シャフトだと評価(撮影:ALBA)

     
  3. 片岡はハイドローで250ヤードの球を連発!(撮影:ALBA)

     

 女子ツアーでは渋野日向子や永峰咲希、西村優菜らが使用しているフジクラの新シャフト『スピーダー NX』。9月の頭に開催されたフジサンケイクラシックでは出水田大二郎など、男子プロでも使用者が増加中でその注目度は増すばかり。このシャフト、どんなシャフトなのか、アマチュアではどんなゴルファーに会うのか? 元ツアーレップとして多くのプロのクラブを調整してきたクラブのスペシャリスト、「Dr.カタオカ」こと片岡祐次が解説します!

『スピーダー NX』の概要はこちら!

 『スピーダー NX』(※以下、NX)の50Sを自分のドライバーに挿して、ラウンドしました。『スピーダー』と名前についていますが、今までのような走り感はなく、しなやかなシャフトに仕上がっているので、なんでスピーダー? というのが正直な感想です。永峰プロらも話していたそうですが、「やさしいベンタス」というのが言い得て妙だと思います。

永峰咲希の第一印象は【やさしいベンタス】

 『ベンタス』では全体的にトルクが締められていますが、この『NX』は先端と手元側が締められていて、万人が打ちやすい中調子。米国で開発された『ベンタス』の日本版として間口が広げられ、ヘッドスピードが低いゴルファーでも使えるようなモデルになったと感じました。以前のスピーダーでは奇数作が走り系、偶数系が粘り系でした。この『NX』はどちらを使用していたプロも使用しています。ベンタスの使用者も『NX』に変えている人が多く間口の広さがすごいです。これだけでも合う人が多い、というのが分かっていただけると思います。

 私が打った感想は、右にいかないけどつかまりすぎない、です。バランスのいいシャフトですね。右にいかないですが、けっしてつかまるシャフトというわけではありません。私が打つとハイドロ―の球筋で安定したボールが出ました。1ラウンド14回の使用で、フェアウェイを外したのは2回だけ。真っすぐ飛ぶ、というよりは球筋が安定し、ミスになりにくい印象です。人によってミスの幅は異なるとは思いますが、特にアベレージの方では曲がりが少なくなって、球が安定したと感じやすいと思います。重心距離の長いドライバーを使っている方、球が右に出やすい方や、もう少し曲がり幅を抑えたいという方はこのシャフトを使ってみて欲しいですね。

フジクラ問い合わせ先

  • 藤倉コンポジット株式会社 TEL:03-3527-8433

Rankingギア人気記事 11/28-12/05

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧