ZOZOチャンピオンシップ
最終結果

キャロウェイ、テーラーメイド勢もアイアン型UTのプロト投入!?

  1. キャロウェイ契約のジョン・ラームが『X FORGED UT』と書かれた現行(下)とは異なる外観のものを投入!(撮影:GettyImages)

     
  2. 4位T発進のD・フリッテリも『X FORGED UT』プロト?を投入しています(撮影:GettyImages)

     
  3. テーラーメイド契約のリー・ハオトンも見慣れぬアイアン型UTを投入しています(撮影:GettyImages)

     
  4. マーティン・カイマーが投入したものも、リー・ハオトンと同じもの!?(撮影:GettyImages)

     

全英オープン 初日◇15日◇ロイヤル・セントジョージズGC(イングランド)◇7211ヤード・パー70>

第149回「全英オープン」が開幕し、今年最後のメジャーを誰が穫るのかに注目が集まる。「マスターズ」はダンロップ契約の松山英樹、「全米プロ」はキャロウェイ契約のフィル・ミケルソン。同じく「全米オープン」はキャロウェイ契約のジョン・ラームと来ているが、「全英オープン」初日に好スタートを切ったのは今年メジャー未勝利メーカーの契約選手たちだった。

まず目につくのがPING勢のルイ・ウーストハウゼン(1位)、マッケンジー・ヒューズ(4位T)、スチュワート・シンク(4位T)だが、彼らに大きなギアの変更は確認できず。次に目立つのは、新『Tシリーズ』をシーディング中のタイトリスト勢。ブライアン・ハーマン(2位T)、ウェブ・シンプソン(4位T)らに加え、何よりジョーダン・スピースの新『T200』の2I投入など、大きな動きが見られた。

【関連リンク】▶▶▶ジョーダン・スピース、新『T200』&『T100』を投入し2位発進

では、テーラーメイド勢と、キャロウェイ勢はどうか? 風の影響を抑えて固い地面を活かす必要のある「全英オープン」だけあって、アイアン型UTに未発表プロトタイプを使う選手たちが確認できた。

まずは、テーラーメイド。米国テーラーメイドは大会前、ダスティン・ジョンソンが見慣れぬロングアイアンを打つ画像と共に「世界一がダイヤルされます」と、意味深な投稿をしていた。また、ハオトン・リーやマーティン・カイマーが画像のようにアイアン型UTのプロトタイプと思わしき長いクラブを投入していた。

 
 
 

キャロウェイ問い合わせ先

  • キャロウェイゴルフ株式会社 TEL:0120-300-147

Rankingギア人気記事 10/18-10/25

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧